「快適に長く住み継ぐ」ことができるリセット住宅

みなさん、こんにちは。

楽しく明るい笑顔リフォーム情報館の杉田です。

今年の夏は、暑すぎたり、雨が降ってばかりなど天気が落ち着かない日が多いですね。

このようなお天気だと、我が家の子供たちも家の中で過ごす時間が多くなっております。

雨が降っていたり、暑いのに外で遊んでおいで!とは言えないので、そんな時は家の中でサッカーをしたり卓球をしたりして子供たちなりの遊びをしています。

卓球をしていると言っても、普段食事をしているテーブルを卓球台にしているので、相手の距離が近くて笑ってしまいそうな距離で真剣勝負をしています。

サッカーも小さなふかふかのボールでサッカーをしているので危なくはありませんが、狭い部屋の中で遊んでいるので、私がテレビを見ていると顔の真横にボールが通り過ぎて行くことも多々あります。

我が家はひとつひとつの部屋が大きくないので、子供が小さい頃は特に感じませんでしたが、子供たちの成長と共に体も大きくなり、もっと大きな部屋があれば・・・と近頃思うようになりました。
小さな部屋に大きな体で寝転がっている姿を見ると、小さな部屋がさらに小さく見えますね(笑)

我が家も年数の経過(子供の成長)によって生活しにくい住まいになりつつありますが、私の両親の思い入れ(思い出)もある家なので、簡単に建て替え・・・は難しいかと。

そんな時、私は無垢材を使用したリセット住宅をいう言葉を耳にしました。

リセット住宅とは、「懐かしい旧宅の面影を残したい!」「快適に長く住み継ぐ!」などの思いを残すことができるそうです。

私は「快適に長く住み継ぐ!」という言葉にハッとさせられました。

「リセット住宅」であれば、みんなの思いが受け継いでいけるのではないかと思いました。
「住み継ぐ」って言葉、素敵ですね♪

無垢材の住まいであれば、無垢材の魅力である「夏は涼しく冬は暖かい」ようですので、年を重ねた両親にとってもやさしい住まいなのではないかと思います。

歳を重ねると、体感温度も違うようなので冷房・暖房器具を使用するより、天然の無垢材から感じられる暖かさや心地よさを感じることができるようですので、両親にとっては思い出や面影も残しつつ、体にやさしい健康住宅であれば、快適な時間を過ごすことができると思います。