「建て替え(新築)」と「リフォーム」について

みなさん、こんにちは。

楽しく明るい笑顔リフォーム情報館の杉田です。

毎日暑くて暑くて、汗かきの私にとっては過ごしにくく、暑いだけで体力が失われていくのをひしひしと感じています( ;∀;)
そしてその失われた体力の回復が遅いようです(笑)

さて、我が家もそろそろ手を入れないとならないような住まいですが、我が家のように住まいに手を入れると言っても「建て替え(新築)」と「リフォーム」で悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、本日は「建て替え(新築)」と「リフォーム」について簡単にご紹介したいと思います。

まずは、建て替え(新築)ですが一口に新築と言っても大きく2つに分けられるようです。
一つは間取りも部材も自由に選べる「自由な設計・住宅」、もう一つは、カタログなどから自分に合った住まいを選ぶ「規格の住宅」です。

一方、家を完全に壊して建て替える新築に対して、既存の家を活かしたリフォームという選択肢もあります。
その内容は、キッチンの入替え等を行う程度の「部分的リフォーム」から、全面的に改築を行う「大規模リフォーム」まであり、そのやり方や範囲はさまざまのようです。

間取りも部材も自由に選べる「自由な設計」は自由度が高い分時間がかかるようです。完成イメージがつかみにくく、プランの擦り合わせに時間を要してしまうようです。

また、自分に合った住まいを選ぶ「規格住宅」はプランが用意されているので、短時間で完成することができます。あらかじめ用意されたプランに色付けしていくだけなので、契約までの時間はあまりかからないようですが、自由度は少し低いようです。

「大規模リフォーム」は解体工事があるため工期に時間がかかり、既存の建物を一部残しながら解体していくため、全部壊すよりも時間がかかってしまうようです。

「建て替え(新築)」と「リフォーム」について悩むところですが、みなさんのご要望・ご予算・工期などあらゆることを踏まえたうえで、決められる方が良さそうですね。

(建築基準法で定められている「再建築不可」の場合もございますので、ご自身の住まいのことについて事前に調べた方が良いかと思います)

人生に何度もないと思われる住まいの「建て替え(新築)」と「リフォーム」について、私も近い将来?を今から考えておこうと思っています!(^^)!