無垢材のお手入れについて

こんにちは、無料情報館鹿島田店の栗田です。

先週あたりからいよいよ学生さんは夏休みが始まりました。
家族が家にいる時間が多い休日になると出かけている時間が多い普段の日よりも家の汚れ方も変わりますよね。
暑い日中に掃除機や拭き掃除をするとそれだけでたくさん汗をかくので、ちょっとしたエクササイズぐらいにはなっている…?と思いたいですね!(笑)

 

さて、今日は無垢材のお手入れの話です。

無垢材というと水は厳禁!扱いやお手入れが大変そう…

といったイメージが強いですよね。

私も以前はそう思っていましたが、最近は撥水性に優れ汚れにも強い自然系塗料を使うことによってお手入れが以前よりもぐっと楽になるそうです。
例えばコーヒーや醤油などをこぼしてしまっても拭き取ってしまえばシミになることもないのだそう。

天然由来原料をベースにしているので木材自体に浸透し、無垢材の肌ざわりもよくなり、木材の呼吸を妨げる事なく通気性・調湿性を保持するとのこと。
人にも環境にも優しい自然系塗料なら健康面でも安心ですね。

普段のお手入れ方法は、掃除機をかけた後に乾いた雑巾、または硬く絞った雑巾で拭くだけ。(洗剤は使ってはいけないそうです。)
その後年1回程度、または撥水効果が悪くなってきたと感じたら、自然系塗料を再塗布すると良いそうです。
普通のフローリングのお手入れとほとんど変わりませんね。

無垢材の床はきちんと手入れをすればツヤと風合いが増し、年々美しくなります。
基本的な知識を知り、適切なお手入れを続けていれば憧れの無垢の家も難しくなさそうですね!

生活するうちに付いてしまうシミや汚れやキズも思い出…とは思いますが、お気に入りの内装やインテリアは大切に扱っていきたいものですよね。
お手入れ方法を良く知って、大好きな家具や家と長く一緒に過ごしていきたいものですね。