キッチンの高さは合っていますか?「高さ95㎝」という新しい常識もあります

こんにちは。鹿島田無料情報館の原田です。

 

先日、ふと「TOYOキッチン」のサイトに行き眺めていると、”新しい常識「高さ95㎝」のキッチン” というフレーズが目に入ってきました。

 

kichen3

 

「リビング」の家具、オブジェとして個性的で美しい高級感のあるキッチンを提案している「トーヨーキッチン」さん。

 

完璧!とため息が漏れてしまう商品群で、その高級感と個性から「海外のメーカーさん?」とお尋ねになる方もいらっしゃいますが、とこちらは本社を名古屋に置く、日本のメーカーさんです。

 

世界基準で常にモノづくりをしているからこそのこの
「高さ95㎝のキッチン」だと思いますが。。。

 

lgi01a201410060100

皆様のお好みはいかがでしょうか。

 

「家を買う」時に初めて意識する方も多いようですが、ご購入になるときに適切にお選びいただいている事と思います。

 

現在賃貸に標準で設置されているものは平均的日本人女性が使いやすい85㎝。単純に、「身長÷2+5㎝」が推奨されていることがが多いのですが、この、トーヨーキッチンさんは独自の人間工学基準で「身長÷2+10㎝」も推奨しているようです。

 

20160308125511

 

実際はどちらの方が使い勝手が良いのでしょうか。

 

私は、初めてロサンゼルスの友人の自宅にお邪魔してキッチンに立った時、「驚くほど快適でずっとキッチンで作業していたくなった」のですが、今思えば、おそらくこれは「身長÷2+7.5㎝」のキッチンでした。

 

最近は、男性がキッチンに立つことも多く、「TOYOキッチン」さんはは、「スペックにこだわる」クリナップさんS.Sシリーズ同様、男性にもよく選ばれているようです。

 

images

少し前に、芸能人の布川さんがお一人になられる時、つちやさんに合わせた高さのキッチンから「リフォーム」をして、ご自分に合わせた快適ワークトップで男の料理を楽しんでいるというお話がありましたが。。。

 

この95㎝のキッチンは男性の台所への進出も視野に入れた設定なのかもしれません♪

 

日本テレビさんの「MOCO’Sキッチン」では、「速水もこみち」さんが見事な料理の腕を見せてくださいますが、こういったお仕事をしていると、「股のところにワークトップが来ている」と、違うところに目が行きます。

 

。。。だいぶミーハーにお話が傾きましたが。。。

 

yos0024-054

 

「男子厨房へはいるべからず」
「お子様と料理が出来る広い作業台」
「昭和初期に生まれたおばあちゃんと共同で使用する台所」
「外食が多いのでキッチンにはあまりこだわらない」

 

さまざまなお好みのライフスタイルやなおらない癖があると思います。

 

多方面から考えて、ベストな選択をしていただきたいなぁと思いました♪

 

 

鹿島田無料情報館には、85㎝の高さの「トクラスBB」が展示されております。お気軽にキッチンの前に立ってご自分の好みをお確かめくださいませ。