2:8(ニッパチ)の法則はお部屋にも当てはまります

こんにちは、鹿島田店無料情報館の原田です。

突然ですが、、、、
少し前に遊びに来ていた叔母の持ち物の中に、

「ロレックス」

がありました♪

御年88歳の叔母がしまい込んでいたもので、ベルト部分は皮。古いものの良さを感じる前に、ほんのり古い臭いがします。

8:2の法則

img_blog_0104_2

皆様は古い宝物、「骨董品(アンティーク)」は、お好きですか?

お住まいの角度から「アンティーク」というと、昔の英国貴族風の家具に代表されるような、本物志向で手の込んだものを思い浮かべます。

とても素敵ですが、なかなか「我が家には合わない!」と、取り入れ方のわからない方も多いのではないかと思います。

私もその一人でした。

けれど、お住まいに関わるお仕事に従事して、皆様のご自宅を拝見させていただく中で、上手に現代の住宅に古いものを取り入れていくと、「見たことない」「その人らしい」部屋になるものだなぁと、魅力を感じるようになり。。。

8:2の法則
そして、インテリアを専門とするお客様より、一つのお答えをいただきました。

「古いものを取り入れると、部屋が昔風になってしまう。新しい物8、古い物2。
”8:2” の割合位が一番いいんですよ。」

とのことです。

確かに、「素敵な部屋」と感じた空間は、すべて古い物でまとめてはおらず、「新しい物の中に古い物が少し」ありました。

8:2の法則。

こんなことも念頭に置きながら、お部屋づくりをすると、自然と上手くまとまった空間ができるのではないかなぁと思いました。

 
鹿島田無料情報館では、経年による住宅の古さをも味方につけていく為に、リフォームの勉強会を開催しておりますので、お気軽にご参加くださいませ♪
お申し込みはこちらから

楽しく明るい笑顔リフォーム 無料情報館 鹿島田店無料情報館 原田