洗面所をリフォームするならココに気をつけるべき!

%e6%b4%97%e9%9d%a2%e6%89%80%e3%82%92%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%aa%e3%82%89%e3%82%b3%e3%82%b3%e3%81%ab%e6%b0%97%e3%82%92%e3%81%a4%e3%81%91%e3%82%8b%e3%81%b8

 

洗面所は毎日使う場所なのでどういう作り、デザイン、照明など考えることはさまざまあります。

洗面所を快適で便利なものにすることで、朝忙しい時でもスムーズに使用でき、家事のスピードも上がります。ただどのようにリフォームすれば良いのかわからない方もたくさんおられるかと思います。そこで今回は洗面所をリフォームする時の気をつけるポイントを紹介します。

■照明について

洗面所を使うシーンは男女で異なります。
男性の場合だと洗顔、髭剃り、歯磨き、ヘアスタイルのセット、手洗いが挙げられます。
一方女性は洗顔、歯磨き、ヘアスタイルのセット、手洗いに加えて、メイクをすることもあると思います。「どこで化粧をしますか?」というアンケートでは「洗面台」と答えた人が一番多かったようです。
その化粧において重要になるのが照明と鏡です。ある有名タレントは毎朝のメイクで朝日で顔を満遍なく照らして、化粧にむらがないようにチェックすると言っています。
ですので、照明プランを考える時には、理想は自然光がたくさん入るように窓を大きめに取ることもひとつのアイデアです。もしそれが難しい場合は、天窓やランマ窓をつけるか、洗面台の選定のときに照明器具にこだわって、自然光に近いもので光量が多いものを選ぶといいでしょう。

■窓の断熱について

一般的な間取りですと洗面所は浴室の隣に位置することが多いです。そのため洗面所は脱衣所も兼ねているお宅も多いと思います。夏は気にすることはないですが、冬になるとお風呂と脱衣所の温度さによる、ヒートショック現象の心配があります。ヒートショック現象は死亡事故につながる場合もあるので放っておけません。
窓の断熱をすることで、お風呂の温度と洗面所の温度の差が少なくなり、ヒートショック現象の心配がなくなります。
また、洗面所が暖かくなることで毎朝の洗顔、歯磨き、ヘアスタイルのセットも快適になるのでオススメです。
断熱の機能に不足があれば、脱衣所用の温風機を設置するのもよいでしょう。この場合、水周りですから電気系統にはご注意下さいね。

■壁や天井のカビ対策

洗面所と脱衣所が一緒だと、どうしても湿気がこもりやすくなってしまいます。築年数が経っているお宅ですと、洗濯機の下の土台まで腐食している場合も少なくありません。
それを防ぐために、洗面所リフォームではタイルやクッションフロアなど水に強い素材を選びましょう。また、壁には珪藻土のような調湿機能があるもの、漆喰などの塗り壁、エコカラットのような機能性が高いタイル、湿気に強い壁材を選ぶことをオススメします。
普通の壁紙より高額になってしまいますので、費用を抑えたい場合はトイレの手洗いスペース周辺や洗面台の両サイドなど、濡れやすい場所にのみデザインとして浮かないよう施工することもできます。

以上のようなポイントに気をつけておくだけで、快適な洗面所になります。洗面所をリフォームする際は是非参考にしてみてください。