食洗器のいろは

食洗器のいろは

食洗器(=自動食器洗浄機)は生活に必要だと思いますか?

 

もうずっと食洗器なしで生活してきた人にとっては、あったら便利だろうけど、あえて買う必要はないと思っている人がいるかもしれません。しかし、食洗器には、単に楽できるといったこと以外にもメリットがあるのです。

今回はそれをご紹介します。

 

第一に、節約できます。

食洗器は、手洗いより水の使用量が4分の1程であると言われています。これは意外な結果ではないでしょうか。もちろん食洗器は電気代がかかりますが、深夜に使用すると割安になる深夜料金が適用される場合もあり、節約に繋がるでしょう。節約できるのはお金だけではなく、時間も大幅に節約できます。

なによりボタン一つで出来るのが嬉しいですよね。

 

第二に、除菌効果があります。

食洗器は高温のお湯でお皿を洗浄しますので、強い殺菌効果が見られます。また洗いにくいザルなども一緒に洗ってくれます。その上乾燥機能付きの食洗器であれば、乾燥までしてくれます。手洗いの場合、手洗いした後に食器を拭くのはとても手間がかかるため、いちいち拭いている人はすくないのではないでしょうか。

濡れたまま放っておくと水垢が付いたり、雑菌が繁殖したりすることも考えられますので、食洗器は大変便利で、その上衛生面に優れています。

 

第三に手荒れしにくいです。

確かに食洗器を導入したからと言って、全く洗う必要がないわけではありません。油汚れがひどい場合は、食洗器に入れる前に軽く洗い流さなければきれいには洗ってくれません。この予洗いを怠ると食洗器は役立たずだと感じるでしょう。

ですから、食洗器は全く洗わなくても良いという認識はもたない方がいいです。しかし、手が水に触れる時間は大幅に減ります。特に冬場は、水洗いによりひび割れなどの手荒れに悩む方もいるでしょう。

それが食洗器導入により、大幅に改善されるはずです。

 

いかがでしたか?食洗器は楽以外のメリットがたくさんあります。とは言え、導入に費用がかかったり、設置場所が限られたり、デメリットもありますので、十分検討された上で導入するかどうかを決めてください。