リフォームをお考えのあなたに〜リフォームローンって?〜

%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%a3%e3%81%a6%ef%bc%9f

 

リフォームを考える上で、悩みのポイントとなるのがお金・費用面だと思います。

リフォームはその後の生活の利便性を左右するものですので、できるだけ妥協がないものにしたいものですが、金銭面の状況とのバランスも大切です。

そこで、金銭面を支える「リフォームローン」をご存知ですか?
利用したことがある方はどういうものかはご存知だと思いますが、利用経験がない方だといつ申請できて、誰でも申請できるのかどうか、全くわからないと思います。今回はこのリフォームローンについて紹介します。

リフォームローンは銀行や信販会社(クレジット/ローン会社)が取り扱っています。銀行のものもローン会社のものもすでに所有している住宅をリフォームする際に申し込むローンです。
返済期間や融資額は異なります。銀行の場合、返済期間は最長15年程度で融資額の上限は500万円程度の場合が多いです。
一方ローン会社のものは返済期間が最長10年程度で、融資額の上限は300万円程度がほとんどです。
このような返済期限や融資額の違いだけでなく、銀行の場合無担保で利用できたり、ローン会社なら頭金や保証なしで、手続きも簡単というメリットがそれぞれあります。それぞれの返済計画によって決めることが重要です。

そして、リフォームローンを選ぶ際には、予定している工事費用がどれくらいかかるのか、どの工事をするのかを先に明確にしておくことが必要です。ローンがあるからといって、不必要にバスタブやトイレの設備のグレードを上げてはいけません。
ローンというからには、金利や諸経費が存在します。銀行のローンでいうと無担保で利用できる代わりに少し金利が高めですし、利息や保証金、事務手数料、印紙代などがかかります。元本金額の割合によっては、利息以外の費用が利息よりも多くなってしまうので要注意です。

以上のように最初ローンから頭を離して、行う工事や費用が固まった状態で、必要に応じてリフォームローンを検討して利用してください。
リフォームローンの前知識がみなさんの夢を叶えるリフォームのお役に立つことを願っています。