住宅ローン申請に必要な書類

住宅ローン申請に必要な書類

家を建てるときやリフォームをするときなど、住宅ローンを組む方は多いでしょう。とはいえ、何百万、何千万という単位でお金を借りる住宅ローンは受けるのに審査が必要です。そして審査にはいくつかの種類を提出しなければなりません。

 

今回は住宅ローン審査に必要な書類をご紹介します。

 

まずは本人確認ができる証明書です。
運転免許証やパスポート、健康保険証などがこれに当たります。
また、印鑑証明書や住民票も必要でしょう。住民票は発行から3ヶ月以内である必要があるところが多く、古いものは使用できないため注意が必要です。

 

次に収入証明です。
金融機関は貸したお金がきちんと期日までに返って来なければ貸しません。そのため収入証明を見て、その人に住宅ローンの返済能力があるかを確かめる必要があるのです。これは会社員の場合は源泉徴収票と住民税決定通知書や課税証明書などです。個人事業主の場合は納税証明書と確定申告書です。
ただし個人事業主の場合は過去3年分の書類が必要なため、起業してから3年未満の方は住宅ローン申請が通りにくい可能性があります。

 

そして次に必要なのが購入予定の物件に関する書類です。
これはどんな場所に、どんな家をいくらで買うかを証明するための書類です。具体的には売買契約書、土地登記事項証明書、建物登記事項証明書、また間取り図が入ったパンフレットや図面、見取り図などが必要です。
ただし、これら物件に関する書類は不動産屋が用意してくれることがほとんどですので、それほど心配することはないでしょう。

 

いかがでしたか?
住宅ローン審査には少なくとも以上のような書類を揃える必要があり、この他にも追加で求められる書類が出てくる可能性もあります。スムーズに住宅ローン審査を進めるためにも、審査に必要な書類は前もって知り、準備をしておくと良いでしょう。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

次回は住宅ローンを組むときの注意点をご紹介します。合わせてチェックしてください。