ローン減税について

ローン減税について

家を買うことは人生で一番大きな買い物であると言われています。少しでも安く手に入れたいと思う方がほとんどでしょう。

しかし消費税の増税に伴い、同じ条件の家でも増税前と増税後では支払う金額が上がってしまいました。そのため家の購入をためらっている方もおられるのではないでしょうか。

そこで今回からは、消費税増税に伴い住宅取得者の負担を少しでも軽減するために取られた措置を2つご紹介します。

 

今回は住宅ローン減税です。
これは住宅ローンを組んで家を購入した方は、年末の住宅ローン残高の1%を所得税から控除できる制度です。
控除対象借入限度額は4000万円で、最大控除額は400万円です。長期優良住宅なら、控除対象借入限度額は5000万円、最大控除額は500万円になります。

 

また、所得税から控除できない場合は翌年の住民税からも控除されます。住宅ローン減税は10年間継続して控除を受けられるため、所得税の大きな減税に繋がるでしょう。

 

住宅ローン減税を受けるための要件は、4つあります。
1つ目は自らが住む家であること、2つ目は床面積が50㎡以上であること、3つ目は所得合計金額が3000万円以内であること、4つ目は住宅ローンの借入期間が10年以上であることです。また、住宅ローン減税は新築住宅を建てた場合だけでなく、中古住宅の購入やリフォーム時にも受けることができます。
ただし、中古住宅の場合は耐震性能を有していること、リフォームの場合は増改築面積が50㎡以上かつリフォーム費用が100万円以上であることなどの要件を満たしている必要があります。

 

いかがでしたか?
新築住宅を建てるとき、中古住宅を購入するとき、リフォームをするときなど住宅ローンを組む際は、住宅ローン減税という制度を活用してください。

 

次回はもう一つの消費税増税に伴う住宅取得者の負担軽減措置であるすまい給付金をご紹介します。そちらも合わせてチェックしてみてください。