浴槽エルゴデザイン「トクラス ビュート」

こんにちは。鹿島田無料情報館の原田です。

「TOTO」さんの「サザナ」のお風呂に引き続き、
「トクラス」さんのバスルーム、「ビュート」について、少し詳しく勉強したいと思います。

 

%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%881-2

「トクラス」さんとは、旧社名は「ヤマハ」、
「ヤマハ」の住宅設備部門なのですが、、、、

 

その製品は、
「楽器」や「モーターボート」を製造で、長年追及してきた
「素材」「機能」「耐久性」を反映させているので、とても品質が良いそうです。

 

中でも、
「人造大理石」の品質の良さ、贅沢に製品に使用することで知られておりますが、
「お風呂」にもそれはそのまま活かされており、

 

「艶やかで滑らか」な人造大理石を使用したトクラスさんの浴槽は、
「肌に触れてとても心地よい」感触と評判です。

 

トクラスさんの「ビュート」を選ばれたお客様が、決定の理由として挙げるのが、
「浴槽の形」

 

%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%881

マトリョーシカのようとも、曲線のなだらかなひょうたん型というか。
とても愛着の湧く形をしています。

 

大きく分けると二つに分かれていて、
大きい方を「全身浴ゾーン」
小さい方を「半身浴ゾーン」
と呼んでいるようです。

 

半身浴ゾーンの方から始まって全体の1/3は少し高く、
椅子のように「ステップ」になっていて、
その分毎回の湯量が通常より20リットル節約になるそうです。

 

全身浴ゾーンに上半身を沈めて半身浴ゾーンに脚を投げ出すのも良し。
ステップ部分にお子様が座り、親子入浴を楽しむもよし。
有難い造りです。

 

この有り難さは、なんとなくできたわけではなく。

 

人が使うことを意図して作られた機器の形を
「エルゴフォルム」というそうですが、

 

こちらのお風呂も「エルゴデザイン」と名付けられていて
人間が出来る限り自然な動きが出来るように実際のデザインをする
「人間工学」に基づいて設計されているとのことで、

 

見た目は優しい緩い形ですが、
計算しつくされた形だから
心地よく使用できるようです。

 

「同じサイズのバスルームなら、「ビュート」だと
「洗い場も浴槽もゆったり」使える形なので
是非、ご検討下さいませ♪

 

鹿島田無料情報館では「トクラス」さんの人造大理石を使用したキッチンの展示もございます。11月は無料勉強会にて、専門家と雑談の機会もございます。お気軽にご参加ご質問くださいませ。
勉強会の詳細はこちらから