リフォーム時に使えるローン

リフォーム時に使えるローン

 

住宅のリフォームをする時にはまとまったお金が必要になりますがリフォームローンと住宅ローンが使えることをご存じでしょうか。

住宅ローンは住宅を購入する時にしか利用できないイメージがありますが実はリフォームの時にも条件を満たすと利用できます。

 

 

ぞれぞれのローンにはメリットデメリットの違いがありますので、ご自分の場合どちらがいいかよく吟味して選びましょう。

 

 

まずリフォームローンの場合ですが借り入れ期間は長くて10年ほど、少額なため審査も早いですが、金利が高いのが特徴です。

大体金額にして50万から500万ほどの融資を受けることができます。

 

 

審査もそれほど厳しくないのが特徴で、まだ住宅ローンを返済中の方でも無担保で借りられるのも大きな特徴です。

金利が高いもののそもそも借りる額は多くありませんのでさほど重くのしかかる事は有りません。

 

 

一方住宅ローンですが借り入れ期間は長くて35年ほど、金額が多い分審査も長いものの、審査が通れば低金利が適用されますのでお得です。

こちらは500万から5000万ほどまで借りることができ、多くの場合担保が必要になります。

 

 

また、住宅ローンを返済している途中の場合、自宅購入のための住宅ローンを借りたときと同じ銀行から借りなければ、審査に通りにくくなりますので注意が必要です。審査が長引く理由ですが、借入希望者のみならず、担保となる不動産の審査もしなければいけませんので時間がかかります。

 

 

しかし金利が低い分ゆったりと返済できますし、リフォームをすることにより資産価値も高まりますのでお子さんやお孫さんに財産として家を残したい方には良い選択となるでしょう。

 

 

どちらのローンを利用するかは借りる金額の多寡により選ぶといいでしょう。

もしも500万円のぎりぎりのラインの額を借りる場合可能な限り金利の安い住宅ローンを利用する事をおすすめします。

もしも審査に受からなかった場合は過去に返済の滞納をしていないか、会社にお勤めの方は勤務実態など属性の変化が無いかなどを確かめてみましょう。

 

 

カードローンが利用できるタイプのカードを沢山持っている方は、与信調査時にその限度額分審査で不利になることがありますので、可能な限り使用しないカードの解約や限度額を減らしてから審査に臨むようにしてください。