ビルドインガレージの注意点

ビルドインガレージの注意点

前回、ビルドインガレージのメリットをお伝えしましたが、ビルドインガレージには注意しておかなければならない点もいくつかありますので今回はそれをご紹介します。 ビルドインガレージの採用をお考えの方はこの注意点を知っておく必要があるでしょう。

 

【ビルドインガレージのデメリット】

 

1階居住スペースの狭小化
ビルドインガレージは建物の1階部分を駐車スペースにするため、1階に居住スペースを広くとることが難しくなりメインの居住スペースは2階以上になることが多いです。場合によってはその影響で3階建てにするご家庭もあるでしょう。

 

その場合、通常1階に置くことが多いキッチンやお風呂、トイレなどの水回りを2階以上に上げる必要が出ますので、配水工事に手間とお金がかかるでしょう。

また、階段移動が増えるため足腰の悪いお年寄りの方がおられるご家庭は、室内移動の負担が大きくなる可能性があります。予算が許すならば家庭用のエレベーターを導入できればいいですが、 重い荷物を運ぶ際などは、お年寄りの方以外の方にも負担を感じさせてしまうこともあるでしょう。

 

構造面への不安点
2つ目は構造面に不安が残る点です。 ビルドインガレージは1階部分に大きな開口部を作りますので、その間は柱を建てることが難しいです。そのため建物全体の構造面に不安が残り、木造住宅にはビルドインガレージを造ることが難しかったり、耐久性を高めるために補強費用がたくさんかかったりすることが考えられます。

 

排気ガスの影響
1階部分に居住スペースがある場合、そこに車の排気ガスが入り込んでしまうことがあります。排気ガスだけでなく車のエンジン音がうるさく感じてしまうこともあるため、1階部分の間取りには十分に注意する必要があるでしょう。 また、ガレージ内部は湿気が溜まりやすく冬場は冷えやすくもありますので、配慮が必要です。

 

いかがでしたか? ビルドインガレージはこのような注意点がいくつかあります。

これらの注意点を厭わない、もしくはそれ以上のメリットがあると考えるなら、ビルドインガレージを採用する価値は十分にあるでしょう。 ビルドインガレージの採用をお考えの方は、メリットと注意点をよく考えてくださいね。