ガイナのデメリット

ガイナのデメリット

 

 

断熱材の機能を持つガイナは様々な特徴を持つ外壁塗装です。

塗装することで建物全体を外気から守ることになるので、室内の空調を快適に保つための光熱費を安く抑えることになります。

 

 

ただしその塗膜はセラミックとなるために、他の塗料と比べて傷がつきやすいのも事実です。

色味も明るめのものだけとなりますし、また艶消しのマットな質感が基本なので汚れた雰囲気も感じることになります。

 

 

実際には汚れはつきにくく、手入れも簡単です。

断熱の効能が発揮される期間が短いのも注意すべき点ですが、利点も多いものです。

価格は一般的な塗料と比べると高価です。しかし性能を考えるとコストパフォーマンスは良いと言えます。

 

 

耐久性が高いので、安い塗料を早いサイクルで塗り直すよりも施工費用は安く済むことになります。

塗装をするとなれば、その度に足場を組むことになるからです。

 

 

さらに断熱による光熱費の削減効果も考えると、10年サイクルで見ると相当に安いことがわかります。

また耐久性の高さにも注目されますが、これは表面のセラミックビーズが太陽光から守ることで、塗料の劣化原因となる紫外線を防ぐことになります。

 

 

ガイナはこのセラミックビーズの含有量が多いことにより、非常に長く劣化せずにすむわけです。

ただし弾力性が無いので、地震の揺れによってはヒビが入ることがあります。

その場合には速やかに補修をしなげれば建物が傷むことになります。

 

 

このような特徴を見ると万能といったイメージではありませんが、それでも他の塗料よりも長い目で見ると安いことがわかります。

 

 

長い間塗り直しをしないことでメリットを実感できるものなので、まずは傷がつかないように留意することが必要です。

汚れが付着したら高圧洗浄などで落としておくことも大切です。

堆積した汚れが原因で傷がついてしまい、そこに雨水が入り込むことで建物の躯体が劣化してしまうからです。

 

 

ガイナのデメリットは、「ほかの塗料に比べ塗膜が薄いため傷に弱い」という点です。傷がつくことだけに注意しておけば、優秀な塗料といえるでしょう。

Follow me!