外壁塗装塗り替えのサイン

外壁塗装塗り替えのサイン

家を雨風や紫外線などから守ってくれる外壁は、年数が経つにつれて劣化していきます。劣化を防ぎ、長い間快適に過ごすためにも外壁塗装の塗り替えは怠ってはいけない家のメンテナンスの一つです。

 

外壁塗装は使用する塗料によって耐用年数が決まっていますが、必ずしも耐用年数通りに塗り替えを行うとは限らず、早かったり遅かったりするものです。したがって、年数ではなく外壁そのものの状態を見て判断する必要があるのです。そこで今回は、外壁塗装の塗り替えを行うべきサインを3つご紹介します。

 

1つ目はひび割れです。外壁にひび割れができると、少しの隙間から水が入ってしまいます。水が入れば内側の木材や断熱材が腐食してしまったり、シロアリが近寄ってきて木材を食べつくしてしまったりします。ひび割れを放っておけば、家の基礎部分が劣化してしまい、修復には多大なコストがかかってしまうでしょう。ひび割れは見逃してはならない外壁塗装塗り替えのサインです。

 

2つ目はチョーキング現象です。チョーキング現象は、外壁の表面に粉が吹いていて触ったときに指が白くなることを指します。チョーキング現象が起こる原因は、塗料に含まれる顔料という成分が紫外線などにより劣化し、表面に粉化して浮き出てしまうことです。チョーキング現象が見られたら塗料の効果がなくなってきていることを意味します。チョーキング現象は一番分かりやすい外壁塗装塗り替えのサインですので見逃さないようにしましょう。

 

3つ目はカビやコケです。カビやコケは水分の多いところに発生しやすいです。したがってカビやコケが外壁に生えているということは、外壁に水分が多くあるということなのです。これは塗膜の防水性が失われている証ですので、外壁塗装の塗り替えを検討しましょう。