吹き付け塗装とは

吹き付け塗装とは

外壁塗装の塗り方には2種類あります。
今回は、そのうちの1つである吹き付け塗装についてご紹介していきたいと思います。

 

それぞれの特徴を知った上でどちらを採用するかを決定しましょう。
吹き付け塗装とは、その名の通り塗料を外壁に吹き付けていく塗り方です。作業には専用の機械を用いて細かい霧状の塗料を撒いていきます。吹き付け塗装には空気圧で塗料を飛ばすエアスプレータイプと、塗料自体に圧力を加えることで塗料を飛ばすエアレススプレータイプとがあります。

 

吹き付け塗装のメリットは、短時間で広範囲の外壁に塗料を塗っていくことから、施工が早く済むというところです。また、機械を用いるため職人の技量に左右されにくく、仕上げ面が均一できれいになりやすいです。さらに、機械を使ってさまざまな模様を作ることができます。耳にすることの多いリシンやスタッコ模様はこの吹き付け塗装によるものです。

 

一方、吹き付け塗装のデメリットは飛散です。吹き付け塗装は外壁に向かって塗料を飛ばしますので、周辺に飛び散りやすいです。塗料がついてほしくないところはシートやテープなどで覆う養生をしっかりと行う必要があります。

また、風の強い日は塗料がより遠いところまで飛んで行ってしまいます。そのため住宅が密集している住宅地などで吹き付け塗装を行った場合、塗料の飛散によるご近所トラブルが発生する恐れもありますので適した塗り方とは言えないかもしれません。ご家庭だけでなく、ご近所の迷惑やトラブルになる可能性のある吹き付け塗料は、飛散が最大のデメリットなのです。

 

また、吹き付け塗装は飛散する塗料があるため塗料の無駄が多く、たくさんの塗料を必要とするところもデメリットとして挙げられます。いかがでしたか?吹き付け塗装はスピード重視である反面、飛散というデメリットを持っています。吹き付け塗装を採用するなら、飛散というデメリットをどう対処できるかが大きな課題となるでしょう。

 

友だち追加数

▲もっと詳しく知りたい方はLINEで質問OKです。
『楽しく明るい笑顔リフォーム』を友達追加しよう!