チョーキング現象、見過ごしていませんか?

チョーキング現象、見過ごしていませんか?

 

家のメンテナンスの一つに外壁塗装があります。

外壁塗装を塗り直す時期は外壁の素材によって目安がありますが、必ずしもその年数が経過するまでは安心して良いということでもないのです。今回は、外壁塗装を塗り直すべき目安の一つであるチョーキング現象についてお伝えします。

 

チョーキング現象とは、外壁の表面に白っぽい粉が吹くことです。

何気なく壁を触ったら手のひらが白くなった、という経験はありませんか?あれがチョーキング現象なのです。どうして起こるかというと、長年の紫外線や日光、雨風などが原因で塗膜の中に含まれる成分の顔料が、白い粉として浮き出てくるからです。要は外壁の劣化です。

顔料は外壁塗料の中でも色を付ける成分ですので、色がある外壁ならほとんどの場合に顔料が含まれていると言って良いでしょう。

 

チョーキング現象は、外壁塗装を塗り直す一つの目安としてとらえられます。チョーキング現象を放っておくと外壁がひび割れたり、カビや苔が発生したり、外壁の劣化がさらに進んでしまいます。

劣化した外壁から水が中に染み込めば、室内に水漏れしたり基礎部分が腐食したりします。そうなれば外壁塗装を塗り直すだけでは済まなくなる可能性もありますので、チョーキング現象を確認した時点で専門の業者に問い合わせるのをおすすめします。

また、まだまだきれいだと思っていても年に一度は家を外側から良く見てみましょう。意外と劣化していることに気づくかもしれません。

 

そして手で触ってみて、手が白っぽくなっていないかの点検も行うようにしましょう。

チョーキング現象が起きていなければ、手には埃が付く程度でしょう。

いかがでしたか?家は買って終わりではありません。家を快適に長く住めるようにするためには、こまめにメンテナンスをする必要があります。家の中は良く目に付きますので気づきやすいですが、家の外にも目を向けて下さい。

家はむしろ外側から痛んでいくのです。外壁が発する危険信号である、チョーキング現象を見過ごさないでくださいね。