名前を見ただけじゃわからない!! 外壁塗装を行う業者の特徴‼

 

皆さんは外壁塗装を行う業者の種類にどのような違いがあるかご存知ですか?
「外壁塗装してくれればどこでもいいじゃん」
このように思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、業者によってかかる費用が変わってきます。
千円程度なら誤差の範囲と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、時には万単位で金額が変動することがあるのです。
今回は、皆さんが外壁塗装工事を行った後に「損をした!」なんて思いをしないないように外壁塗装業者の種類をお伝えします。

 

まず、リフォーム会社と営業会社、工務店についてお伝えします。この3つの業者は、私たちが依頼した会社自体が工事を行うのではなく、下請け業者とされる人たちが工事を行うのです。その下請け業者に工事内容を伝えるための下請け業者も存在します。この3社をまとめると以下のようになります。
・3つの業者→下請け業者(工事内容を伝える役→下請け業者(実際に工事を行う)
また、塗装屋と塗装職人専門店という業者も存在するのです。この2つの業者は自分が雇っている職人を工事現場に派遣します。途中の下請け業者が居ないため、その分の金額が浮くことがあるのです。

 

今回は、大きく分けて2つの外壁塗装を行う業者をご説明しました。
どちらの業者に委託するのが自分に合っているのかは人によって異なります。
両方の業者から見積もりと工事内容の詳細を見せてもらい、時間をかけて選びましょう。