シッカリ比べましょう‼ 外壁塗装の相場~フッ素系塗料編~

 

前回はシリコン系塗料の特徴とその相場をお伝えしました。
塗る箇所に合わせて塗料を使い分けられるシリコン系塗料、雨の日に水をたくさん受ける場所などには防水加工のコーティングをしてみてはいかがでしょうか。
耐用年数に近づいても美しさを保っているかもしれませんよ。
4回目となる今回はフッ素系塗料についてお伝えします。

 

まず、フッ素系塗料は航空機の外装塗装に用いられるほど、耐久性と対候性に優れているという特徴があるのです。航空機の他にも飲食店や、外観に力を注いでいる企業などでフッ素系塗料は用いられています。
また、フッ素系塗料の一番の特徴は、雨が降った際に外壁に付着していた汚れを落とせるようにコーティングされていることです。ほとんどの汚れは天気が洗い流してくれるため、お手入れの必要が省けるのは嬉しいですよね。
そんなフッ素系塗料の耐用年数は18年と非常に長いです。
一度塗ったら長い間、手入れをせずとも美しさを保ってくれる夢のような塗料ですね。
しかし、機能性が高い分、その相場は30坪で約137万円、40坪で165万円程度となっており、1坪当たり4万円くらいと今までの塗料よりも高く設定されています。

 

今回は、フッ素系塗料の特徴とその相場をお伝えしました。
価格が高い分、その機能は保証されています。
品質を選ぶか、価格を選ぶかよく考えましょう。