外壁塗料のランクって? 塗料のランクにはどんな特徴があるの?

皆さんは塗料にランクがあることをご存知ですか?
「色々な種類があるのは知っているけど、ランクって一体?」
このように思われた方も少なくないと思います。
ランクを基準に選んだ塗料によっては、今後の外壁塗装を行う回数が減るかもしれませんよ。
今回は、塗料のランクとランクによる違いをお伝えします。

まず、ランクを低い順から並べると以下のようになるのです。
・アクリル系塗料
・ウレタン系塗料
・シリコン系塗料
・フッ素系塗料、断熱塗料
・光触媒塗料
また、ランクが高いほど値段が高くなりますが、その分耐用年数も高くなっていきます。
それぞれの耐用年数は以下のようになるのです。
・アクリル系塗料:約4年
・ウレタン系塗料:約6年
・シリコン系塗料:約13年
・フッ素系塗料、断熱塗料:約18年
・光触媒塗料:約20年

今回は、塗料のランクと、そのランクによる耐用年数をご説明しました。
値段を選ぶか、耐用年数を選ぶかは人によって異なります。
外壁塗装工事を行う際には、ご家族とよく相談をしてから行いましょう。
今回の記事を参考に、塗料を選ぶ際にはランクを気にしてみてはいかがですか。