新築そっくりリフォームのお悩みを解決します〜トラブルを防ぐためのポイント〜

リフォームはトラブルがあるのでは。と思われがちですが、小規模な工事、大規模な工事に関わらず騒音やほこりなどが近隣の人たちの生活になんらかの影響が生まれるからではないでしょうか。

しかし、せっかく快適な暮らしを実現するためのリフォームをするのですから、その後の生活が送りにくいような環境にはしたくないですよね。

そこで今回は、リフォームにつきもののトラブルを防ぐポイントについてご紹介します。

・どのようなトラブルの可能性があるのかを知ろう

では、具体的にどのようなトラブルが発生しやすいのでしょうか?

一番多いもので、言ったのか言っていないのかという両者の意見が相違するトラブルだと思われます。

例えばこのようなケースがあります。
壁の色を最初は白を希望していたけれど、途中で青色に変更したいと思い、業者との打ち合わせで伝えたと思ったら、仕上がりが白のままだったというケースです。

このように伝えたつもりが伝わっていないという状況がまれに起ります。

このようなケースであれば、塗り直しでどうにかなるかもしれませんが、お金が絡むトラブルですから大変ですよね。

例えば、追加費用の発生です。
リフォームは建物の状態によって追加費用が発生する可能性が少なからずあるようです。

この追加費用の説明の有無もトラブルのもとになっていることもあるようですから、このようなことを防ぐためにも、紙ベースに内容を残しておくことが大切かもしれませんね。

・近所のトラブルには工事前に事前に挨拶に伺い、お断りを入れておく

工事自体のトラブル以外にご近所関係のトラブルも少なからずあるゆです。

このトラブルによってご近所からの嫌がらせを受けて困っている方もおられるらしく、そのようなことがないように、事前にお知らせをしておくなり、工事前に何か菓子折りなどを持って挨拶に回ることで、ご近所の方も多少の事にご理解を頂けるのではと思います。

事前のご挨拶など、こちらでできることを先にすることでトラブルを未然に防ぐことが可能かもしれませんね。

いかがでしたか?

トラブルというものは突然起こるものだと思います。
「自分には関係ない」と思っていても、周りはどのように感じるか、までは把握できませんので、そのために事前に最善を尽くしておくことが大切です。
めんどくさがらずにしっかりと対策しておいた方がよさそうですね。