新築そっくり、いやそれ以上に!リフォームとリノベーションの違いを知って快適なマイホームに!

 

リフォームをお考えの方に多いのが、

「リフォームかリノベーションのどちらがいいのか?」

という疑問だと思います。リフォームとリノベーションの違いを正確に理解している方はおられないのではないでしょうか。

しかし、リフォームとリノベーションは、厳密には違いがあるのです。
リフォームとリノベーションともに高額な買い物なのでしっかりと理解する必要があります。そこで今回は、リフォームとリノベーションがどう違うのか?をご紹介します。

■修繕か性能の向上が大きな違い

まずリフォームとは、基本的には壊れたり汚れたり古くなっている部分を綺麗に修繕して、新築の時の状態に近づけることを指します。

具体的には賃貸物件の入居者が退去時に住む前の状態に戻すため、壁紙や畳を交換するような「原状回復工事」などが該当します。

そのほかには「システムキッチンの交換」、「ユニットバスの交換」「トイレの交換」などの設備交換が挙げられます。

一方リノベーションは、建物の性能に付加価値をつけ新築時よりも向上させ、その建物に住む人たちの快適な暮らしを実現するとともに、その不動産自体の価値を高めることを指します。

リノベーションという言葉の通り、建物の革新を第一の目的としているんです。具体的には、「間取りの変更」や「水道管と排水管の交換」などが挙げられます。どちらかというと大規模な工事が当てはまるのがリノベーションです。

■リフォームとリノベーションでは資産価値が違う

リフォームは修繕を主として新築時の状態に戻すことを指していて、リノベーションは新築以上の性能向上が実現します。

このことから建物自体の資産としての価値の変化がわかるかと思います。なので、新築物件を購入しなくても中古物件を購入して、リノベーションで性能と価値を高めることで新築を購入した時以上の資産価値になる可能性があるんです。これが近年流行している中古物件とリノベーションを組み合わせたマイホームの実現です。中古物件が必ず望み通りリノベーションできるとは限りませんが、もしできるのであればリノベーションを試してみる価値はあると思います。

いかがでしたか?
快適な暮らし=リフォームではなく、リノベーションという可能性もあります。今の住まいの状況を見てリフォームがいいのか、リノベーションがいいのか予算と相談しながら決めるようにしてください。