リフォームで運気UP!風水を意識したリフォームアイディア〜間取り編〜

%e9%a2%a8%e6%b0%b4%e3%82%92%e6%84%8f%e8%ad%98%e3%81%97%e3%81%9f%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e9%96%93%e5%8f%96%e3%82%8a%e7%b7%a8

 

みなさん、マイホームの風水について意識したことはありますか?
もちろん、「風水に興味がないし使い勝手を重視したい」という方もおられるかと思いますが、使い勝手を重視しすぎるあまり風水的にタブーな条件の家になってしまうと、気にされる方にとっては、満足性に欠けるかと思います。
その逆もまた然りです。家は人生でもっとも関わりの深いものの一つですから、満足いくものにしたいですよね。そこで今回から複数回に分けて風水を意識したリフォームのポイントを紹介します。

今回は間取りについてのお話です。

■風水的に最適な間取りって?

実は風水的に「コレが最適!」と言い切れるような間取りはありません。それは風水の考え方がいわば「オーダーメイド」であり、個人によって吉方位なども異なるからです。
風水には「本命卦(ほんめいか)」というものがあります。本命卦とは、簡単に言うと自分の方位です。自分の本命卦に合わせた間取りが風水的に最適な間取りになります。
ただ、そこに住まう家族全員にとって吉方位になることは稀なので、そうならない場合は家族の中心である人(主人)の本命卦を優先させることが望ましいとされています。

■どの部屋を優先させるべきなの?

リフォームで間取りの変更をするにあたって、風水的に考えた場合『どの部屋を優先的に良い条件のところに配置するのか?」ということが悩みの種になると思います。
その答えは、「玄関と寝室は吉方位に配置する」です。風水では玄関が重要だということは、テレビ番組などでも盛んに取り上げられていますから風水に興味がない人でもご存知かと思います。

そして、寝室に関してですが、睡眠は健康と運気のバロメータと言われています。1日の疲れをリセットし、寝ている間にエネルギーを補充するために、重要な場所とされています。その他にも、リビングやキッチンを日当たりの良い場所を選ぶのが良いようです。

■水回りは凶方位でも大丈夫!

間取りを考える上で重要な一つとして、水回りがあります。水回りというと使い勝手も重要ですし、同じフロアや近くの位置にまとめる等、敷設上の制約もあります。そこに風水学の要素を入れると考えることが増えて大変に感じてしまわれるかと思います。
ですが、安心してください。水回りは吉方位ではなく、むしろ凶方位の方が良いとされています。その理由は、「凶のエネルギーを水と一緒に排出する」というような考えが風水にはあるからです。このため、水周りの設備は凶方位に置くことでむしろ吉とされています。

いかがでしたか?
間取りを考える上で風水を意識するなら、以上のようなポイントがあります。風水に興味がなくても良い気が巡ってくるに越したことはありませんよね。少し頭の中で意識してみてください。