マンションをリフォームしようと思ったら費用ってどれくらい必要?

%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%92%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%a8%e6%80%9d%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%89%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%81%a3

 

「快適で便利でおしゃれな家に住みたい!」

皆さんこのようなことが理想の一つにあると思います。この理想の解決策として今主流となっているのが、中古マンションのリフォーム・リノベーションです。

今新築マンションを購入するよりも、中古マンションを買ってリフォームする方が多いと言われるほどです。
その要因としては、中古マンションのリフォームの需要と供給が増えているため、品質の高いリフォームを提案できるようになってきていることと、間取りの自由度もありますが、何といっても費用の安さが挙げられます。

ただ具体的にどれくらいの費用が必要で、どれくらいお得なのかがわからない方も多いのではないでしょうか。そこで今回はマンションリフォームにかかる費用についてお話しします。

■全面フルリフォームの場合は?

マンションの全面リフォームでは、骨組み以外を全て解体してまるごと替える、スケルトンリフォームが今人気です。

ではその相場はいくらぐらいなのでしょうか?
全体の相場で言うと約500万円〜900万円です。
広さ別に見てみると、

・60㎡:約500万円〜800万円
・70㎡:約600万円〜900万円

上記の通りです。平均的な3LDKファミリータイプのマンションの専有面積は70㎡前後なので、多く見積もっても1000万円ほどで収まることがわかります。1000万円と聞くと高いと感じますが、都心近郊で新築マンションを購入するとなると、場所にもよりますが、5000万円、少なくとも4000万円前後はかかる場合がほとんどです。しかし、中古マンションや住み続けたマンションを新築並みに改善できると考えれば、かなり安いと思います。

また定額制リフォームというものもあります。定額制リフォームとは、間取り等の自由度は下がりますが、追加費用が発生しにくく予算が立てやすい仕組みです。このような制度を利用するとより費用を抑えて満足いくリフォームになるのではないでしょうか。

■間取り変更の時は?

リフォームで間取り変更をする方は多いと思います。特に多いのがリビングの変更です。リビングの隣の部屋の壁を取り壊してリビングスペースを広げる間取り変更の人気が高まっています。このリフォームの相場は、30万円から50万円です。マンションの構造によって変更することもあるので注意してください。ご家族が

また、間取り変更と一言で言っても場所によっては追加で費用がかさむことがあります。例えば、水回りの移動です。配管の設置や床の高さの調整など必要な工事が出てくることが原因になります。リビングでも同じです。広いリビングにすると空調の設置や断熱機能、換気の工夫があります。
間取りの変更によって必要なことを想定して工務店に相談し、予算を組むようにしてください。

いかがでしたでしょうか?
中古のマンションをフルリフォーム・リノベーションするには大規模な工事が必要です。それに伴って費用もかかってくるかと思いますが、新築マンションを購入するよりも理想の立地の住まいに低価格で近づくことができることが多いです。複数社から見積もりやリフォームプランをもらって業者の対応の質、費用の妥当性を精査してください。