リフォームで失敗しない間取り作りのポイント

%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%a6%e3%82%99%e5%a4%b1%e6%95%97%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84%e9%96%93%e5%8f%96%e3%82%8a%e4%bd%9c%e3%82%8a%e3%81%ae%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%a4%e3%83%b3

 

みなさんはリフォームでどのようなポイントを重視しますか?

リフォームで重要なポイントとして、デザイン外観や設備の機能面、資金面、さまざまあると思いますが、なんといっても間取りは大規模リフォーム・リノベーションにおける最重要ポイントですよね。

これからも長く住む家ですので、快適に便利にしたいものです。
ただ、間取りの失敗でリフォームをしてかえって不便になったという方も多いのです。そこで今回は間取りを失敗しないポイントについて書いていきます。

■リビング階段について

最近リビング階段を設置する方が増えています。リビング階段は、開放的で家族とのコミュニケーションが取りやすいメリットがありますが、一つ間違うと問題点になるんです。例えば家事動線を考えていない場合、洗濯物を干したり取り込むときにリビング階段のせいで回り道をしなければいけなくなる可能性があります。
1回だけなら気にならないですが、毎日のことなので徐々にストレスに感じてしまいます。他にも、開放的な作りから料理の臭いが2階に篭りやすくなります。もしこのように階段をリビングに設置する場合は、なぜその位置なのか、その位置でも問題がないかをしっかりと考えることが必要です。

■キッチンについて

キッチンというと、L字型、対面型、アイランド型、どこのメーカーで食洗器や浄水器は内臓するかどうか、コンロや水栓の種類は、などとキッチンの仕様に目が行きがちです。しかし、キッチンは配置についてもよく考えていただきたいのです。実際にあった例ですが、冷蔵庫をキッチンの奥に設置する間取りにしたせいで、飲み物を取りに行くのにわざわざキッチンの奥まで行かなければならなくなったそうです。逆に手前に設置する間取りでも、冷蔵庫を開けると、他の人が通れなくなるケースもあります。実際に家族で使うイメージをしてキッチンの間取りを考える必要があります。

■トイレについて

トイレはどこに設置するかを慎重に考えないといけないポイントの一つです。というのも、トイレは水が流れる音が発生するからです。これを軽く考えてしまうと、大変なことになりますよ。

例えばたまたま空いているからいう理由で居間の隣にトイレを設置すると、居間にいるの人がトイレの音に常に気になってしまいます。トイレは頻繁に使う場所なので、その度に音を気にしていたらリラックスできるものもできないですよね。
また、配管も考えてお風呂や洗面台、キッチンなど他の水回りに近いところに設置する必要があるので、家事動線や使用シーンをイメージしてじっくり検討してみてください。

以上のようなポイントを意識して、せっかくのリフォームで後悔しないようにステキな間取り作りをしてみてください。