二世帯住宅の形は3種類です

二世帯住宅の形は3種類です

ここ数年、さまざまな要因がから二世帯住宅の建設や二世帯住宅へのリフォームが増加傾向にあります。今はそうでなくてもこの先二世帯住宅になる可能性は十分に考えられるため、二世帯住宅のことを少しでも知っておくと役立つことがあるかもしれません。

 

そこで今回は二世帯住宅の種類についてです。
親と同居する二世帯住宅ですが、その形は大きく分けると3種類あるのです。

 

まず1つ目は完全同居型です。
これは寝室など個人の部屋以外は共同で使うタイプの二世帯住宅です。個人の部屋にミニキッチンやトイレなどを設置する場合もありますが、基本的に玄関からリビング、キッチン、トイレ、お風呂などは共有します。そのため完全同居型は親世代と子世帯の家族が一つの家族として生活します。
ただし、2世帯が共有するスペースが多いため、生活スタイルの違いなどで気を使うことも多いでしょう。そのため完全同居型は本当に一緒に暮らしていけるかを考える必要があるでしょう。

 

2つ目は部分共同型です。
これはご家庭の環境や希望に応じて家の一部を共有する二世帯住宅の形です。例えば玄関だけ共有し、あとは別々にする場合や、玄関、お風呂、トイレは共有だがリビングは別々であるため食事は別々にする場合などがあります。
特に食事を一緒に取るか取らないかは生活に大きく影響しますので、良く考える必要がありそうですね。

 

そして3つ目は完全分離型です。
これは家を上下あるいは左右で分け、玄関からリビング、お風呂、トイレまで全てを別々に使う形の二世帯住宅です。道路や庭で繋がっているタイプもあります。完全分離型は親世代、子世帯それぞれのライフスタイルを維持しつつ、必要なときにはすぐ駆けつけたり協力したりし合えるのがポイントです。
気を使いすぎないため、特に嫁姑間で関係が良好でない場合でも完全分離型なら二世帯住宅が可能でしょう。

 

いかがでしたか?これを参考に、二世帯住宅について考えてみてください。