リフォームとリノベーションって何か違うの?

1.リフォームとリノベーションって何か違うの?

 

最近良く耳にするリノベーション。

 

ですが、リフォームとどう違うの?

と疑問に思っている方もおられるのではないでしょうか。

そこで、リフォームとリノベーションの違いについてお伝えします。

 

リフォームとは一般的に、古くなったものを元の状態に戻すことを言います。

賃貸マンションなら、今まで住んでいた人が退去した後、部屋をその入居者が住む前の状態に、また中古一戸建て購入なら、前の居住者が住む前の状態に戻すためにリフォームを行います。

例を挙げると、汚れている壁のクロスやフローリングを張り変えたり、屋根を塗装し直したりといったことです。

 

一方リノベーションは、今ある建物に新しい性能を付ける工事のことを言います。

変化する生活スタイルに合わせて、新たな機能をつけるのです。

例えば、子どもが増えることから間取りを変えたり、防音壁を整えたり、吹き抜けを取り入れたりといったことです。

 

これらの違いですが、リフォームは原状回復とも呼ばれ、工事を行っても前の状態以下、良くても同等までにしかなりません。対するリノベーションは新たな機能を付けることで、新築時以上に価値を高めます。

 

したがってリノベーションの方が工事規模は大きく、費用もかかります。

また、家の性能を高める工事をすることで、資産価値が上がります。

 

リノベーションはリフォームと比べると費用がかかりますが、新築物件を買うより中古物件を買ってリノベーションした方が費用を抑えられる場合もあります。

その上、新築物件購入よりも、自分の好みや意見を反映させやすく、オリジナリティーを出しやすいことから、注目を集めています。

 

いかがでしたか?

 

両者にはっきりとした線引きがある訳ではありませんが、ニュアンスが異なるということはお分かり頂けたのではないでしょうか。

家の工事をお願いする際は、自分がリフォームがしたいのかリノベーションがしたいのか良く考えましょう。

そして少しでも長く快適に暮らせる住まいづくりをしてください。