床暖房リフォームで寒い冬も快適に

こんにちは、楽しく明るい笑顔リフォーム情報館の星です。

日増しに寒さが加わり本格的な冬が近づいていることを感じます。
この時期になると、寒くて布団から出られない・冷え性で手足が痛いなど寒さによる冬の悩みが出てきますよね。
冬の悩みの中でも特に、暖房をつけているのに家の中が寒いといったお悩みを感じている方はとても多いようです。

暖房であたためているのになぜ家の中は寒くなってしまうのでしょうか。
実はせっかく暖房であたためている空気の約6割が窓や玄関から逃げて行ってしまっている可能性があるそうなんです。
さらに窓は熱を逃がしてしまうだけでなく、家を寒くする要因でもあるコールドドラフトを引き起こしているようです。
コールドドラフトとは、暖かい空気が冷たい窓に冷やされて床面に下降する現象で、天井と床で5度以上の温度差が生じるてしまうことも。
足元が冷えていると体感温度も低くなってしまうそうです。
また暖房で室温を上げても、足元は寒いのに頭はぼーっとしてのぼせた時のような感覚になってしまうことってありませんか?
空気の性質上暖められた空気は上の方にいってしまうため、部屋の上部だけが暖まり足元は冷えているということが起こってしまいます

そこでおすすめしたいのが足元からじんわりとあたためてくれる床暖房です。
床暖房は床面の温度が最も高く、その床の熱が天井に反射し空間全体を暖める輻射熱を利用しているため、部屋全体を暖めてくれます。
部屋の上部だけがあたたまり過ぎて頭がボーッとしてしまうということがないので、こどもが勉強する環境にもとてもよいそうですよ。
またエアコンやファンヒーターのように温風が出ないので、部屋が乾燥してしまったり、ホコリや花粉などのハウスダストを舞い上げてしまうということもなく、幅広い年代の方に人気です。

床暖房はまさに頭寒足熱。足元を暖めることで健康にもよく、夜もしっかり眠れそうですね。

床暖房の設置は新築の時だけでなく、リフォームやリノベーションでも工事をすることが出来ます。
また床暖房を効率よく使うために、設置の際は一緒に家の断熱性もチェックするとよいかもしれません。
窓を二重ガラスにする、壁の断熱材を厚くするなどの断熱リフォームを床暖房の設置時に施工することでさらに床暖房の効果が発揮することが出来ます。

ひだまりのように足元からじんわりと暖めてくれる床暖房で、寒い冬も快適に過ごしたいものですね。