1/fゆらぎを感じてリラックス

こんにちは、楽しく明るい笑顔リフォーム情報館の星です。

先日東京都でも最高気温40度が観測されましたが、東京都で40度を超えたのはなんと観測史上初なのだそうです。本当に暑い毎日ですね。
そんな最高気温を観測した7/23は二十四節気の「大暑(たいしょ)」にあたるそうで、一年で最も暑くなる頃とされているそうですので、この後は少しずつ気温が下がっていくといいですね。

さて、夏と言えば山や海、川、BBQに花火とアウトドアでのレジャーが盛りだくさんの季節ですよね。

涼しくて静かな山や森でリフレッシュしたり、海や川で思いっきり水遊びを楽しんだり、と大自然ならではの楽しいレジャーがたくさんありますね。

そんな大自然でのレジャーは楽しいのはもちろんですが、山や海には「1/fゆらぎ」というものがたくさん存在し、私たちを癒してくれる力もあるそうなんです。

自然界には多くの「ゆらぎ」が存在します。例えば、水の流れる音、小鳥のさえずり、炎のゆれ、雨の音など。
いずれも一定のようでいて、実は予測できない不規則なゆらぎが存在しており、それを「1/fゆらぎ」というのだそうです。
さらに私たちの生体リズムも1/fゆらぎであるため、 人はそのリズムを感じると脳からアルファ波が発生し、リラックスするのだそうですよ。

日々の生活から離れた場所に行くことで気分がリフレッシュする効果は他の旅行でも同じですが、森や海での心地よさは、川のせせらぎや枝葉が揺れる音、波に音に「1/fゆらぎ」が存在し、人間に心地よい波長を作りだしているからなのですね。

そんな私たちを癒してくれる「1/fゆらぎ」、実は木目にも存在しているのをご存知でしょうか?

年輪や木目は等間隔のように見えても実は微妙なズレがあり、自然界によって生み出されたこのリズムこそが温かく柔らかい印象をつくりだしているのだそう。
「規則的」なものと「不規則」なものが調和した状態がである「1/fゆらぎ」が、心地よく快適な気分にしてくれるそうなんです。

自然環境で生まれ育まれる「1/fゆらぎ」。

私たちと同じ自然環境で育まれるからこそ、木は人にやすらぎを与えてくれるのかもしれませんね。