お家でできる花粉対策

こんにちは、楽しく明るい笑顔リフォーム情報館の栗田です。

少しづつですが3月に入って暖かい日が多くなってきましたね。
日差しの温もりに春の足音が聞こえて来るようでなんだかウキウキします。
ただし!!
花粉さえ飛ばなければ…と思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

私もまだ軽い方なのですが何年か前から花粉に反応するようになって、最近では花粉の本格的なシーズンになるとくしゃみや目のかゆみに悩まされます(>_<)
いよいよ本格的に花粉対策をしなければと思い始めたのですが、外に出かけている時よりも意外にも家にいる時に花粉症の症状が出るのはなぜなのか不思議でした。

調べてみると、屋内で花粉症の症状が酷く出るのは、屋外から知らずに持ち込んでしまった花粉を狭い空間で舞い上がらせて、濃く吸い込んでしまうからなのだそうです。
実はその際に、床の形式がフローリングなのか、フローリングでないのかで大きな差が出てくるのだそうですよ。

家の中は、外のように風が吹いているわけではないので、一回家に入った花粉が外に出ていく事は基本的になく、そのまま床にたまっていきますよね。
花粉が床に落ちた場合、床が絨毯などだと花粉はその絨毯の繊維などに絡まって、掃除機をかけたとしても取り切れない花粉が残ってしまうのだそうです。
床がフローリングなら絨毯などと違って絡まるものがなく、花粉をそのままキレイに取り除くことが可能ですので、こまめにお掃除をすることで花粉が舞い上がるのを防ぐことが出来そうですね。

花粉はホコリと同様に静電気に集まりやすいそうです。
また、お部屋の空気を加湿する事で花粉を床に落としやすくなるのだそうです。
フローリングも無垢材を使用すれば静電気を起こしにくく、調湿作用もありますので花粉症対策にも優れているのではないでしょうか。

床のリフォームや絨毯の撤去などで花粉症の症状が改善される場合もあるようですので、もし家の中にいても花粉症の症状がひどいという場合には、一度、ご自分のお家の床などについて考えてみる良い機会かもしれませんね。