大掃除の時期がやってきました!

こんにちは、楽しく明るい笑顔リフォーム情報館の栗田です。

まだ12月なのに真冬のような寒い日が続いていますね。
クリスマスももう間近。街を歩く人々もなんだか忙しなく、いよいよ年末が近づいている感じがします。
今年は特に寒くなるのが早いような気がして、そろそろ手を付けなければいけない大掃除も気温が低いと益々腰が重くなります…
今からでも計画的に少しづつ今年の汚れを落として気持ちの良い年明けを迎えたいものです。

度々お伝えしている通り、木材は湿度が低いと縮み、高いと膨張するという、周りの環境に合わせて自然と調湿してくれる性質を持っています。
これは伐採後も木が生きていると言われる理由ですよね。

無垢材の家夢ハウスに使用する木材は含水率10%以下という最大限乾燥させた無垢材を使用していますが、木材は呼吸しているので多少の伸縮はあるのだそうです。
無垢の床材は一般的に本実加工という凹凸がついていて、多少の伸び縮みでも支障はでないのだそうですが、冬の間にスキ間に詰まったホコリは夏になると膨張した木に挟まれて取れなくなってしまう事も多いのだそう。
ですので、フローリングの床掃除は湿気の少ないこの季節がねらい目なのだそうですよ!
タイミングを逃すと次の冬までお預けになってしまうのだそうです(^^;)
気になる場所はこの機会に早めに掃除機で吸い取ってしまった方が良さそうですね。

無垢材は手を入れてあげるほどに素材の深みが増しますので、大掃除も汚れたところを回復するというよりは、さらに綺麗になる喜びもあるようですよ。
年末の大掃除も楽しんで掃除が出来そうですね♪