お寿司屋さんとフィトンチッド

こんにちは、楽しく明るい笑顔リフォーム情報館の栗田です。

最近注目されてテレビでもよく取り上げられているフィトンチッド。

フィトンチッドとは樹木など植物が発散する物質で、植物自身が自己防衛のためにつくりあげてきた物質と言われています。
森林浴をすると、リラックスして心地よくなるのは、樹木が発する芳香成分(フィトンチッド)の働きによるものだそうで、フィトンチッドには人間の自律神経を安定させる作用もあると言われているそうです。
また、殺菌・防腐効果もあるフィトンチッドは実は昔から様々なところで活用されているようですよ。

例えばお寿司屋さん。
実はお寿司屋さんはフィトンチッドの宝庫なんだそうです!

ガラスケースの中にはヒノキの針葉樹の葉とともに寿司ネタが保存されています。
ネタの間にはササの葉やシソの葉などを置いて、見た目の美しさと鮮度を保つのにも役立っているそうです。

お寿司屋さんの調理場やカウンターにも木材が使用されていることが多いですよね。
まな板や飯台、寿司を置くつけ台、テーブルなどにもヒノキやサワラが使われていますね。

そしてお土産を包む時はスギやヒノキなどの木材を薄く削って包み紙のようにした”経木”と呼ばれるものが使用されている様です。

昔々学生の頃に、実はお寿司屋さんでアルバイトをしていた事があるのですが、確かにお店に入るとお料理の美味しい匂いとともに、木の匂いが常に香っていた様な記憶があります。

フィトンチッドの作用は樹木が伐採され、木材となっても失われないものなのだそうです。
木の家や木材を使用した部屋ではフィトンチッドの効果で細菌を寄せ付けず森林浴と同じような効果があると言われていますので住まいにもフィトンチッドの効果を取り入れれば健康でリラックスした生活が送れそうですね。