木材のさまざまな利点を生かした「無垢のまな板」

みなさん、こんにちは。

無料情報館鹿島田店の杉田です。

この暑さのせいか、我が家の中でも少し湿気を感じています。

湿気が多いと、毎日使う「まな板」もこまめに洗わないといつの間にか黒ずんでいたりしませんか?

実は、この黒ずみは「カビ」のようです。

まな板にカビが付かないようようにするには、なるべく早めに汚れを落として、充分に乾燥させることが必要のようです。

昔から料理人さん・板前さんの多くが使ってきた無垢材一枚物のまな板は、匂いが残りにくく抗菌・抗カビに優れていると言われています。

無垢のまな板は、油分を含むため水はけが良いこと、材質に復元力があるため深い傷が残りにくいこと、柔らかく復元力があるために包丁を傷めにくいと言われています。

包丁の刃こぼれの心配もないようです。

しかし、無垢のまな板であっても日頃のメンテナンスを怠ってしまうと、黒ずみやカビが生えてしまうようです。

でも木製のまな板ですから、汚れた部分を削ることができますので、削ったあとのまな板は新品同様になるのではないでしょうか?
(まな板を削る時はプロの方にお願いしたほうがいいと思いますよ)

無垢のまな板は木材のさまざまな利点を生かした商品なんですね。