無垢材の住まいの断熱性

こんにちは、無料情報館鹿島田店の栗田です。

梅雨明け宣言は未だされていませんが真夏の様な暑い日が続いていますね。
いったい梅雨はどこへ行ってしまったんでしょうか…
連日このように暑い日が続くともう夏休みがはじまってしまっているかのような感覚になりますね。
今年も長く暑い夏になりそうです。

マンションなど鉄筋コンクリート造りの部屋にいると、前日までの温度が次の日に影響される様に感じるのは私だけでしょうか?

例えば春や秋など前日まで寒い日が続き、急に気温が高くなると、部屋が冷えていて外よりも部屋の中の方が涼しく感じたり、夏場に旅行などで数日家を空けた後は部屋が保温瓶のように熱くなっていてエアコンをかけてもなかなか涼しくならなかったりしますよね。

コンクリートは外気温に影響されやすく、年々過酷になる真夏の暑さや冬の寒波がやってくるとどうしても光熱費が気になるところです。

木の断熱性はコンクリートの約12倍と言われているそうで、周囲の温度に影響されにくいのが特徴なのだそうです。
木の住まいではエアコンに頼る度合いが低くなるのでからだへの負担が軽減されるとともに、省エネにも役立つとの事。

私は特に夜寝るときにエアコンを付けるのが苦手で暑かったり寒かったり調整が難しく、エアコンを使う真夏は朝起きるとぐったり疲れていることが多いのですが、エアコンに頼る度合いが低くなれば夜も快適な眠りにつくことができそうですね。

無垢材の住まいは自然の涼しさを提供してくれて正に身体にやさしい健康住宅ですね。

弊社ではお客様の生活スタイルに合わせた自然のぬくもりある無垢材の住まいを提案させて頂きます。
無垢材を使用した注文住宅・フルリフォームをお考えでしたら是非ともご相談下さいませ。