健康にやさしい安全な天然無垢材のお住まい

みなさん、こんにちは。

無料情報館鹿島田店の杉田です。

今日は、はっきりしないお天気ですね。

午前中は動くと額に薄っすらと汗を感じましたが、午後からは突然の雨でしたね。

幼稚園のお子様や低学年のお子様が帰宅する時間帯の雨でしたので、雨に濡れることなくご帰宅できましたでしょうか?

 
現在、私は小中学生の子育て中ですが、子育てをしている中で子供の病気や発熱がとても心配です。

幼稚園や小学校もしくは中学校などで集団生活をしている以上、インフルエンザなどの感染はある程度仕方のないことだと思いますが、できれば感染せずに元気に過ごして欲しいですよね。

このインフルエンザは寒い時期の1~3月が流行のピークと聞きますが、意外にも4~5月も油断できないようですよ。

私の友人の子供も5月末に発熱し病院に行って検査をしたところ、インフルエンザにかかってしまっていたようです。
5月にまさかのインフルエンザ!ですよね。(私が無知なのかもしれませんね)

インフルエンザの”ピークの1~3月”と”油断できない4~5月”の期間を考えると、1年の約半分近い5ケ月間もインフルエンザの感染の可能性があるという事ですよね。

インフルエンザに関するある調査を行った事を聞いたことがありますが、木造校舎と鉄筋コンクリート造の校舎における児童のインフルエンザによる学級閉鎖数を比較したところ、木造校舎はコンクリート造の 1/2 以下という結果が出たようです。
木造の利点としては、素材自体の断熱性能によって体から熱を奪う「冷輻射」を防ぐことと、「調湿作用」があることのようです。

ウィルスが好む「冷え冷え」「じめじめ」が感染拡大の後押しをしているとも言われておりますので、木材の断熱性能と調湿効果でウィルスの感染を防いでくれているのかもれませんね。

このようにウィルスから私たちを守ってくれるお住まいがあったらいかがでしょうか?

これこそ「健康住宅」と言えるのではないでしょうか。

家族みんなが健康に暮らせるよう、天然無垢材のお住まいをご検討されてみてはいかがでしょうか?

当社は、天然無垢材を使用した健康にやさしい・安全なお住まいを建てることができます。

天然無垢材の中でも良質な天然無垢材を使用しておりますので、ご安心下さい。

健康がいちばんですね(^^♪