かけがえのない時間

こんにちは、平間駅前店無料情報館の酒井です。

日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日、東京都美術館で始まった「ゴッホとゴーギャン展」に行ってまいりました。
二人の関係性に焦点を当てた今回の展示。

ゴッホは経済的苦境と人恋しさから脱却するため、「自分の住んでいる家で折半しながら同居しよう」という話を複数の画家達に手紙で持ち掛けますが、ことごとく断られます。
ゴッホを不憫に思ったこともあり、強烈なアプローチに根負けしたゴーギャンは同居の話に乗り、ゴッホの住むアルルに辿り着きます。
ゴッホが自分主体な理由で同居を持ち掛けていることに笑ってしまうのですが、ゴーギャンが到着したとき彼は狂喜乱舞していたそうですよ。

絵のこととなるとちょっぴりヘンになるゴッホと、そんな彼をやれやれと支えるゴーギャン。
お互いの良いところを吸収しあう生活は順調と思われましたが、絵のことで衝突することが度々あり、わずか二ヶ月で終幕を迎えてしまいます。

結果喧嘩別れのようになってしまった二人でしたが、同居を解消し離れ離れになった後も、彼らの友情は続きました。
ゴッホは、この二ヶ月間のことを何度も何度も思い返し、手紙に記していました。
短い期間でしたが、彼にとって本当にかけがえのない時間だったのでしょうね。

有名な作品こそ少ないものの、ひとつひとつ手が込んだ迫力のあるタッチは、一見の価値ありです。
他の画家とは違う「絵の厚み」からひしひしと説得力を感じられますよ。

ゴッホが、友人の少尉を描いた「恋する人」
淡い色使いがなんともかわいらしい「グラスに入れた花咲くアーモンドの小枝」
後期のゴーギャンらしい色使いの静物画「ハム」
今回の展示での私のお気に入りです。是非皆さんも見に行ってみてくださいね。

かけがえのない時間

かけがえのない時間

楽しく明るい笑顔リフォーム鹿島田店にて、地域の皆様と住まいについて学ぶセミナーを開催します。
予約が埋まりそうな回もございます。ご予約をお待ちしています。
詳細はこちらから☆

楽しく明るい笑顔リフォーム 無料情報館 平間駅前店無料情報館 酒井