お手入れラクラクな床材~「クッションフロア」と「フロアタイル」~

こんにちは、鹿島田店無料情報館の原田です。

 

9月に入りました!新学期ですね。外はランドセルを背負った小学生が列をなして下校していますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今日は、鹿島田無料情報館にたくさんあるブック帳の中から、「クッションフロア」について、頭の中を少し整理しました。

 

お手入れラクラクな床材

床材。。。と聞いて、思い浮かぶのは、木のフローリング。中でも、天然木本来の風合いを持つ「無垢のフローリング」って、憧れます。

 

けれども、水回りに無垢を持ってきてしまうと、飛び散った水や油であっという間に悲しい姿になってしまうことも。。。なので、全室無垢で!と考える方でも、やっぱり傷むのが怖いので、水回りだけは、耐水性防汚性に優れたものを選びたくなります。

 

では、耐水性、防汚性に優れた床材とは?
といわれれば、まず、「クッションフロア」や、「フロアタイル」が選択肢になります。

 

クッションフロアとは、ビニールの表面素材にクッション材が裏打ちされている床材。適度な弾力性があり、足腰が疲れにくいということで、ご高齢の方のいるご家庭にもgood!また、表面はビニールなので、耐水性に優れ、汚れにも強い。普段のお手入れも簡単。さらには、床材の中では最もお財布に優しいとのこと。

 

デメリットとしては、家具など置いた跡が残るということや、例えば同じ木目調の場合、フローリングに見劣りする、熱に弱い。等です。けれども、カラーや模様のバリエーションも豊富で、空間の雰囲気を一気に変えることができるので、面白い素材です。1.4倍位の¥をプラスすれば、もう少し強くてクオリティーの望める、「フロアタイル」もあります。

お手入れラクラクな床材

本物の木材や石材を使用すると、お値段もそれなりなので、水まわりに限らず、こういった素材を利用して、思い切り遊んでもよいかもしれません。

 

鹿島田無料情報館では、クッションフロアのサンプルもブック帳でご覧いただけます。お気軽にお立ち寄りくださいませ♪

楽しく明るい笑顔リフォーム 無料情報館 鹿島田店無料情報館 原田

 

 

Follow me!