中古住宅を買ってリフォームをする場合どのローンを選べばいいの?

中古住宅を買ってリフォームをする場合どのローンを選べばいいの?

 

憧れのマイホームを手に入れたいけど、新築住宅を選んだ場合は予算をオーバーしてしまうということもあるでしょう。

 

そのようなときは新築住宅ではなく中古住宅を選ぶという選択肢もあります。

中古住宅は新築住宅と比べて手頃な価格で販売されている物件が多いので、予算の範囲で購入できる物件が見つけやすいでしょう。

 

憧れのマイホームを手に入れたいけど、新築住宅を選んだ場合は予算をオーバーしてしまうということもあるでしょう。

そのようなときは新築住宅ではなく中古住宅を選ぶという選択肢もあります。

中古住宅は新築住宅と比べて手頃な価格で販売されている物件が多いので、予算の範囲で購入できる物件が見つけやすいでしょう。

 

 

ある程度築年数が経過がした中古住宅でも、購入と同時にリフォームをすれば新築や築浅に近い状態にすることができます。

物件の購入費用を抑え、その分をリフォーム代にまわせば思うようにカスタマイズができますので、より理想に近いマイホームになるでしょう。

 

 

マイホームを購入する際は金融機関で住宅ローンを組みますが、リフォームにかかる代金も借り入れることが可能です。

従来は、別々でローンを組むしかなかった住宅ローンとリフォームローンですが、現在は一緒に組めるローン商品もあります。

 

 

別々で組むよりも住宅購入代金とリフォーム代金を一括で借り入れできるローンが良いと言われていますが、その理由は金利や借り入れ期間にあります。

住宅ローンとリフォームローンを別々で組むとなれば、手続きを行うのに時間と手間がかかります。その点一括のローンは手続きも楽で、別々で申し込むより低金利で借り入れできるようになります。

 

 

住宅ローンは教育ローンや自動車ローンなどのローン商品と比べて金利が低いというメリットがあります。住宅ローンと比べて金利の高いリフォームローンを組む必要がなくなります。

 

 

また、住宅ローンはまとまったお金ができたときは繰上げ返済を行うことも可能です。金融機関やローン商品によって繰上げ返済に関する規定は異なりますが、繰上げ返済を行うことで借り入れ期間を短くしたりして返済額の総額が減らせるという大きなメリットがあるのです。

 

 

金融機関でローンを組む際は、金融機関に問い合わせしますとあらかじめローンシミュレーションを使って月々の返済額や借り入れ年数を調べることができます。

シミュレーションの結果を見ながら返済額を増減させたり、借り入れ年数が調整できて便利です。

 

 

ローンが必要なリフォームを検討する場合は、リフォーム依頼先の工務店(工務店で金融機関の紹介がある場合もあります)か、お近くの金融機関に直接ご相談ください。