リビング階段を検討しましょう

リビング階段を検討しましょう

現在の日本の住宅事情ですと、2階建て以上の家造りをされる方が多いでしょうが、その際、階段の設置場所をどこにしようか考える必要があります。

 

階段なんてどこでも良いやと思っておられるかもしれませんが、実は家族と上手く生活できるかを左右する重要なポイントになるかもしれないのです。
今回は、家族とコミュニケーションを取りやすいリビング階段をご紹介します。

 

【リビング階段とは】

リビング階段とは、その名の通り階段がリビングの中にあることを指します。2階に上がるためにリビングを必ず通る必要があるため、リビング階段はリビングを家の中心にしてくれるのです。

 

【リビング階段に向いているご家庭】

リビング階段を特におすすめしたいのが、お子さんのおられるご家庭です。今はまだ小さくても、成長する上で通る道が思春期です。思春期になると話をしてくれなかったり、反抗的になったり、コミュニケーションを取りづらくなることもあるでしょう。そんなときに階段が玄関を入ってすぐの場所などリビングを通らなくて良い場所にあると、お子さんが個室にこもりがちになったり、家にいるのかいないのか分からないという状況になりかねません。

 

リビング階段なら、リビングを通ってしか2階に上がる方法がないため、ほんの少しの時間でも会話する機会生まれるのです。そのため思春期のお子さんとも上手くコミュニケーションを取ることができるでしょう。

また、リビング階段を設置すると廊下スペースを省略できることも多いため、敷地が限られたお宅でも採用されることがよくあります。

 

【リビング階段のデメリット】
それは階段がリビングにあることで、吹き抜けのような構造が必要になるため冷暖房の効きが悪くなったり、階段にスペースを取られたりするということです。 また、お子さんが自室にお友達を呼ぶ場合、必ずリビングを通らなければならないためリビングをきちんと整理整頓しておく必要があることもデメリットの一つと言えるでしょう。

 

いかがでしたか? 多少のデメリットも存在しますが、リビング階段は家の構造から家族のコミュニケーションを取りやすくしてくれます。階段の場所なんてこだわりがない方も多いかもしれませんが、一度考えてみてください。 そしてリビング階段の採用を検討してみてはいかがでしょうか。