ビルドインガレージを採用しませんか?

ビルドインガレージを採用しませんか?

車を持つ方やこれから車を持とうと考えている方が家を建てる際に必ず気にしなければならないことは駐車スペースですよね。
戸建の場合、外に駐車場を借りるとなると固定費がかかってきますから、できれば自宅内に駐車場を設けたいと考える方がおおいかと思います。
今回は建物の中に駐車スペースを設ける「ビルドインガレージ」についてご紹介します。

 

【ビルドインガレージの設置場所】

 

Build in と表記し、建物内部に作り付けるという意味のガレージスペースです。
似たものですと単純に屋根がついている駐車スペースの「カーポート」と違い、ビルドインガレージは住宅の1階部分に大きな開口部を作ります。
何台分のスペースを設けるかによって、1階部分は全て駐車スペースになる場合もあれば、少し居住スペースが確保できる場合もあります。

 

【ビルドインガレージのメリット】

 

1 車を風雨から守ってくれる
現在駐車スペースで多いのがカーポートタイプですが、カーポートと違い車をすっぽり覆うことのできるビルドインガレージなら、独立したガレージと同様車を雨風から守ることができます。盗難やいたずら防止にもなりますから、防犯面でも安心だと言えるでしょう。

 

2 雨の日の乗り降りで濡れずに便利
車を降りてそのまま玄関に入れる造りにしておけば、車だけでなく人も雨に濡れることなく車の乗り降りができます。濡れてほしくない荷物や大きなもの、重たい荷物を持っているときはビルドインガレージはとても役立つでしょう。

 

2 収納スペースとして利用できる
車やバイクいじりの好きな方がご家族におられる場合やアウトドア好きのご家庭の場合は、それぞれ工具やアウトドア用品などがたくさんあることでしょう。ビルドインガレージの奥に収納できる棚を設置すれば、簡易的な物置ができ、それらを一箇所に収納しておくことができるのです。

 

家の中に外で使うものを収納するスペースを設ける必要がない上、アウトドア用品のテントやバーベキュー用品など、使う時だけ車に載せて使用するような物でしたら、必要なときにすぐに積める場所にあるためとても便利です。
また、ごみの回収日までのごみ箱の一時置き場など、濡らしたくないけど、室内に置いておきたくないようなものの保管には適しています。

 

3 敷地の有効利用
土地代が高い場所や小さな敷地面積に家を建てる場合であれば、わざわざ別に駐車スペースを造れば家の面積が狭くなってしまうでしょう。しかしビルドインガレージにすれば敷地の最大限の建物を建てることができるのです。容積率の計算もビルドインガレージの部分は延べ床面積の1/5まで引いて良いというケースがあります。

 

上記のようなメリットのあるビルドインガレージ、使い方アイデア次第で大変便利なものです。検討してみてはいかがでしょうか。