バルコニーをリフォームしてみよう

バルコニーをリフォームしてみよう

バルコニーとは、住宅などの建物の二階以上の位置にあって、もともとは劇場などで見られるような、張り出した特別席がある場所を指すものです。

ベランダとも似ていますが、ベランダには必ず屋根が備わっている一方で、バルコニーには手すりや壁はありますが、屋根はありません。

 

また、バルコニーは住宅の外にある設備であるため、太陽光線や雨風などの影響を受けやすいので、外壁や屋根と同じように定期的なメンテナンスを施さないと、激しく劣化してしまう場合があります。

けれども、一般的にバルコニーのリフォームというと、予算の関係から後回しにしてしまうことも多いのです。

そして、バルコニーは、外から見えやすい部分なので、リフォームを後回しにすると、住宅全体がみすぼらしくなってしまう場合もありますので、注意が必要な部分でもあります。

 

一般的にバルコニーを設置している住宅では、プライバシーと風通しを確保することが重要ですが、外に出ている部分だけに、泥棒の足掛かりになってしまうこともあるので、防犯上の注意も必要でしょう。

なお、バルコニーはその形状から日当たりが良いので、布団を干したり出来ますし、洗濯ものを干すときには屋根を設置して、雨に対応できるようにしようとすることもあります。

また、住宅の壁面から一体型として飛び出す形状や、鉄骨で作られていて住宅の屋根や壁面に取り付けるものなどがあります。

 

一体型を拡張することは、住宅そのものの仕様変更になりますから、大きなリフォーム工事になってしまいます。

しかし、屋根置き型や壁面取り付け型であれば、ベランダを支える強度を確保できれば、拡張することもできるのです。

 

このようにさまざまなことを考えながら、バルコニーを有効的に利用するために、老朽化したところを直すとともに、防水工事などで性能のアップを図ることも良いでしょう。

そこで、今一度、バルコニーの活用方法を考えてみてはいかがでしょうか。