ローラー塗装とは

ローラー塗装とは
前回、外壁塗装の塗り方の一つである吹き付け塗装についてお伝えしました。今回は、もう一つの塗り方であるローラー塗装についてです。

 

ローラー塗装は専用のローラーを使って塗料を塗っていきます。ローラー塗料のメリットは、まず塗料の無駄が少ないことです。吹き付け塗装とは違い塗料の飛散が少ないため、塗料の無駄が少ないのです。また、表面の凸凹に対してもローラーを用いることできれいに塗っていくことができます。さらに、ローラー塗装は塗膜の厚みを出すのが容易です。ただし、ローラー塗装は吹き付け塗装に比べて厚塗りがしやすいですが、外壁塗装の塗膜には最適な厚さが決められていますので、単純に厚塗りをすれば良いというものではありません。むしろ厚塗りをすればひび割れの原因になる恐れもあります。

 

ではここからはローラー塗装のデメリットについてです。デメリットとして挙げられるのは、まず施工に時間がかかるところです。ローラー塗装は手作業で塗料を塗っていくため、少しずつしか作業は進んでいきません。それにローラーの力加減によってはムラができやすかったり、職人の技量に仕上がりが多少左右されてしまったりすることも考えられます。また、吹き付け塗装に比べるとできる仕上げ面の模様の種類が少ないです。

 

いかがでしたか?前回から2回に渡って外壁塗装の塗り方である吹き付け塗装とローラー塗装の特徴をお伝えしてきました。ここで注意すべきことは、吹き付け塗装とローラー塗装は方法が違うだけで塗膜の性能自体に違いはないということです。したがってどちらを選ぶかは好みなのです。

 

ただし、吹き付け塗装は塗料の飛散がありますので、現在主流なのはやはりローラー塗装でしょう。吹き付け塗装は住居が密集している住宅街ではおすすめできないのです。吹き付け塗装とローラー塗装、どちらも一長一短ですから、それぞれの特徴を良く理解した上でどちらを採用するか決定してくださいね。