川崎市でリフォームをお考えの方必見!省エネ設備導入に関する補助制度でお得なエコリフォーム


今地方自治体がリフォームの工事についていろいろな補助制度を設けています。

その制度にはいくつか規定がありますが、自身の住まいに必要な工事とマッチし、制度が使えればリフォームにかかる費用を抑えることにつながりますよね。

そこで、今回は弊社の施行地域である川崎市の補助制度のなかからお一つ、省エネ設備導入に関する補助制度をご紹介します。

・対象工事の詳細

対象の工事が新築かどうかで補助の内容が変わります。

新築の場合だと、HEMS(家庭内で使用するエネルギーを節約するための管理システム)と太陽光発電システム、リチウムイオン蓄電システム、家庭用燃料電池システムのどれかを導入した場合に補助金が給付されます。

また、リフォームで導入する場合は、HEMS、太陽光発電システム、リチウムイオン蓄電システム、家庭用燃焼電池システムのどれか、またはこれらのシステムを組み合わせた時が給付対象です。

リフォームの費用が高くなるように感じられるかもしれませんが、年間の諸費用のランニングコストを考えると早期に費用を賄える可能性もあります。
住まいの今後のことを考えて最善になるように選択したいものですね。

これらに加えて、CASBEEという建築物や街並み、都市にかかわる環境性能を評価するもので評価がAを超える住まいの場合、追加で補助金の給付が得られます。

・給付金額について
給付金額については上限を8万7000円とし、1kWhあたり2万5000円が給付されます。(エネファームと蓄電池の場合は一律で3万円の給付になります。)
これに加え、CASBEEの評価がAの場合、追加で5万円の給付が得られます。つまり、CASBEEであると、最低でも7万5000円の給付が得られます。
7万5000円はすごく大きな金額になりますよね。

いかがでしたか?

これらの補助制度の申請には期限があるため、期限が締め切られてしまうと利用できなくなります。
そして今後は内容変更もしくは廃止の可能性があるようなので、余裕をもって事前にチェックするとよさそうですね。