新築そっくりリフォームへの資金の悩みを解決します〜失敗しないための資金計画作りの手順〜


お金の失敗は誰でも避けたいものですね。

ましてやリフォームのように高い費用を払ったことですと、適正な金額で満足したものにしたいですよね。
しかしながら、リフォームを依頼するにあたって皆さんはプロのように詳しいという方は少ないと思います。意外なちょっとした工事が実は手間の多い高額な工事だったり、まとめて依頼すると安価になったりと、消費者目線、素人目線ではわからないことがたくさんあるのがリフォームです。

そこで、今回はそんなお金の失敗の不安に悩む方たちに向けて、「失敗しないための資金計画作り」を紹介します。

■リフォームの項目を挙げ、おおまかな費用を決める

まず大切なのが、「どのリフォームをするか?」ということです。ここではお金ありきで考えるのではなく、家目線で考えてみましょう。そこで出たリフォーム項目の相場を調べてみてください。そうすることでおおまかな予算の想像が可能です。

■自分の今使えるお金がいくらなのかを考える

リフォームというのは今使える金額を全て使えばいいというものでもありません。リフォーム後の生活に必要なお金もある程度残しておく必要があります。例えば、普段の生活費やお子さんの教育費などのまとまった予算です。これらを勘案した上でローンを使うかどうかを考えてみてください。

■リフォーム以外にかかる費用を計算する

リフォームをする上で注意しておきたいことがリフォーム以外の費用です。規模にもよりますが、リフォームによってかかる費用が違います。例えば、間取りの変更のような大きな工事ですと仮住まいの家賃や引越し費用、増築するならば建築確認申請の費用や増築した分の登記費用です。

これらをあらかじめ予算の中に入れておかないと、思わぬ出費となり生活費に響きます。もしわからない場合は、担当の工務店業者の方に聞いてみましょう。

いかがでしたか?
リフォームについてはどこにどれくらいの費用がかかるかは、問い合わせして、実際に試算しないとわかりにくいものです。確認することと聞くことは非常に大切になります。わからないことはすぐに聞いて、満足のいくリフォームにしてみてください。