リフォームで後悔したくない方必見!リフォームのトラブルを避けるために抑えておきたいリフォームマナーとは?

 

リフォームを考える場合、気にかけないといけないことの一つが「周りの人への配慮」です。

リフォームの工事はリフォームをする自分たち以外にも、騒音、臭い、ホコリ、駐車関係など少なからずなんらかの影響があります。

人によっては気にしない人もおられますが、生活サイクルは人それぞれですから、不快に感じる方もおられます。

それがご近所トラブルのもとになることは少なくありません。せっかくリフォームをして快適な暮らしができると思ったのに、周辺の人たちとの関係が良好でなくなってしまっては住み心地が悪くなりますね。

こんなことにならないように、事前にマナーある対応をしておきましょう。

そこで、今回はリフォームでトラブルを避ける近隣住民へのマナーについて紹介します。

■工事の1週間前には挨拶を済ませておこう

リフォームで近隣に住む人たちとトラブルを起こさないためには、まずは事前にお知らせしておくことが大切です。

挨拶回りは必ず施主であるご自身で行いましょう。
そこでポイントなのが、いつまでに行くのかです。

極端な話、リフォーム前日に

「明日からリフォームします。」

と言われても

「えっ、急にそんなこと言われても…。」

となってしまいますよね。

相手の都合を考えて1週間前には済ませておくのがベターです。
もしずっと留守が続くようならポストに手紙を入れておくなどでもいいと思いますので、工夫してみてください。

■工事をする時間は近隣住民への配慮を忘れずに

リフォームには工事がつきものです。ではいつの時間帯にすべきなのでしょうか。

ここは一番のポイントといっても過言ではありません。ここのミスが工事の遅れにもつながります。
近隣に住む人たちにはそれぞれ生活のリズムがあります。そのリズムを狂わされるとなると不満が募っていくものです。例えば、「休みの日にゆっくりと昼寝をしたいのに、工事の音がうるさくて寝れない。」
などということになれば、トラブルにつながってしまいます。

工事の時間を「平日の9時から18時までで、日曜の工事はなし」というような計画など、時間設定を慎重に決めましょう。もしそれ以上長く工事をしたい場合、土日も工事をしたい場合などはあらかじめ確認を取るか、挨拶回りでケアしておくなど対策を考えておきましょう。

いかがでしたか?
リフォームをする側に悪気はなくても周りの人はそう思わない方もおられます。せっかくのリフォームですから、自分たち以外の人も不満がないようにしたいですね。