中古住宅の欠陥を調べる方法

中古住宅の欠陥を調べる方法

 

中古住宅の欠陥を調べる方法についてご存知でしょうか。

中古住宅を購入する場合には、欠陥住宅がどうかが気になるものです。

中古住宅が欠陥かどうかは、住宅診断を行うことで調べられるようになっています。

 

 

購入時には、建物の老朽化による欠陥が一番の懸念材料になるものです。

事前に、住宅診断を依頼することで、第三者の専門家による建物の劣化の程度やそもそもの資産価値についてトータルでチェックすることが可能です。

 

 

費用的には10万円前後かかることが多いのですが、購入してから欠陥が見つかる場合のリスクを考えれば、事前の調査費用としては、そうは高くは無いはずです。あくまでも買主が任意で実施する住宅診断ですが、購入してから欠陥住宅だったという悲しい思いをするよりは、住宅診断を行ったほうが安心できると思いませんか。

 

 

診断の結果、不具合が見つかったとしても、適度なメンテナンスを実施して、住み続けていれば、問題の無いレベルの場合もあります。

なかには、通常の生活に支障をきたすような、驚くほどの欠陥が見つかり、「買わなくて良かった」と胸をなでおろす場合もあるでしょう。

 

 

時間も費用も、それほどかからず、安心して申し込みを行うことが可能です。

一般的には、ホームインスペクションと呼ばれる住宅診断ですが、審査項目は業者によって変わってきますので、業者に依頼する場合には調査項目と報告内容について、事前に納得した上で依頼をするようにしましょう。

 

 

中古住宅の購入を検討し、現地に赴き内覧した場合に、自分なりに気になるポイントは必ずいくつかあるはずです。

住宅診断を依頼する場合には、自分で気になった部分をまとめておき、重点的に診断時にチェックしてもらえるよう依頼しましょう。

 

 

診断結果を受け、些少な問題がある程度であれば、適切なメンテナンスを施すことで住むことは可能になってくる場合もあります。

少しでも気になる部分が内覧時に見受けられた場合には、迷わずに住宅診断に依頼するように心がけましょう。

 

 

診断については、建物の居住性と耐震性を主に調査を行います。

気になるようでしたら迷わず専門家の意見を仰ぐためにも診断の依頼を実施しましょう。