中古住宅の魅力

中古住宅の魅力

 

 

持家を手に入れようとする場合、誰しも始めに考えるのが新築住宅のことですが、中古住宅も意外に魅力があります。

中古住宅は平均的な相場でいうと、新築物件よりも1000万円程度安いので経済的なところが魅力です。

 

 

また、近隣の新築物件の床面積相場と比べると、古い建物であるため広々とした間取りの物件が多いのも特徴です。

税制優遇措置やリフォーム代金との一括ローンが増えてきたことで人気が高まっているのが中古住宅です。

 

 

現在所有している土地がある場合を除き、新築住宅を求めようとした場合は、すでに出来上がった市街地では難しく、郊外の新たに開発された新興住宅地が候補になることが多いと思います。

 

 

郊外の新興住宅地は距離的に遠く、学校・病院・スーパー・コンビニなどの生活に必要な施設がまだ整備されていない場合もあります。

その点、中古住宅は周辺の居住環境が整っている場合が多く、生活環境の心配はありません。

市街地の中ほど流通している中古住宅が多いので、遠方の土地を求める必要がなくなります。

 

 

中古住宅は建物が建ち続けているため、敷地の地盤が安定していることがある程度担保されています。

もし、異常のある地盤ならば、すでに前の住人が居住中にその兆候は出ているはずです。

中古住宅は都市部では意外に魅力的な物件が多く、新築よりも有利な場合もありますが、他の人が住んだ後は嫌だという思いを抱くのも自然なことです。

 

 

そういう方にお勧めしたいのが、中古住宅リフォームです。リフォームにより新しく生まれ変わることができます。

外装を塗装替えすることで、新築と同じような外観になり、壁紙や床、畳などの内装を張り替えることで、以前人が住んでいたことを感じさせなくすることが可能です。

 

 

中古住宅を自分の家だと感じるようにするためには、設備部分のリフォームが欠かせません。

特にキッチンの流し台、浴室、洗面化粧台などの水周りは、近年のデザインも中古住宅建築当初よりだいぶ変わってきているはずですから、取り替えることで気分が一新します。

 

 

内外装のリフォーム費用が用意できない場合でも、流し台、浴室、洗面化粧台を取り替えるだけで、まったく違った印象の家になります。

流し台は求めやすい価格帯から、高級なものまでありますが、ご自分や主な使用者のご家族の好みが反映されていれば十分です。

 

 

浴室は、掃除のしやすいシンプルなデザインのものが人気があります。カビが生えにくいコーティング加工がなされたユニットバス・システムバスなどが流通していますので、業者とよく相談して好みのデザインから絞り込みましょう。

 

 

お得に購入できた中古住宅を賢くリフォームし、水周りを新しくすることで気分一新、家族の新しい生活が始まります。