木材を守る天然由来の塗料

こんにちは、無料情報館の栗田です。

今日は日差しが届いて気温が上がりそうですね。
梅雨に入ってから今のところ例年より降水量が少ないそうで、そうなると夏に向けて水不足が心配になります。
先日の天気予報では気象予報士さんが”梅雨のずる休み”なんてうまいことを言っていましたが、梅雨空もずる休みしていないでせっせと働いてもらわないと我々も恵みの雨が必要ですので梅雨に晴れ間ばかりでも困ってしまいますね。
今週来週と今後はまた梅雨らしい空になっていくのでしょうか。

最近は健康ブームでいろいろな食品にスポットが当てられていますよね。
チアシードやキヌア、アサイー、マヌカハニーなど様々なスーパーフードが流行っていますが、料理に使うオイルもえごま油や亜麻仁油などの身体に良いとされている物を食卓に取り入れている方も多いようです。

亜麻仁油や紅花油は実は自然系の塗料にも使われているそうです。

厳選した天然原料である亜麻仁油や紅花油、天然ワックスなど天然由来原料をベースにし、木や人、環境にも優しい自然系塗料は無垢材の建材やインテリアなどあらゆる木製品に使用できる塗料なのだそうです。

木材の呼吸を妨げることなく、通気性や調湿性も保持できるとの事。
更に木材の汚れなどお手入れの面も気になるところですが撥水性に優れているので掃除も楽にできるようです。

無垢材などの木材は自然の効能がたくさん得られるので、そこへ人工的な塗料はなるべくなら使いたくないですよね。
せっかくの木の肌触りや効能を大事にしたいので塗料も天然由来の物を使用するのが良さそうですね。

食品に健康に良い物を取り入れるのも大事な事ですし、同じように住まいにも身体に良い天然原料の物を取り入れれば、家族がより健康的な生活を過ごせそうですね。