ビル外装改修工事 -横浜市鶴見区

ビル外装改修工事 -横浜市鶴見区
ビル外装改修工事 -横浜市鶴見区
ビル外装改修工事 -横浜市鶴見区
ビル外装改修工事 -横浜市鶴見区
ビル外装改修工事 -横浜市鶴見区
ビル外装改修工事 -横浜市鶴見区
施工期間
34日間
施工地域
横浜市鶴見区
住宅種別
ビル
お客様のご要望
持ちビルの外装が経年劣化しているので、きれいにしたい。
担当者コメント
塗装を中心に屋上の防水工事、業務用空調の室外機撤去をご希望でした。

高さのある建物の塗装が入りますと足場を組む必要がでますので、隣接する建物の柵を一時的に撤去させていただくためのご挨拶や、道路使用許可の取得のための申請などからスタートになります。道路使用の際には土木事務所および警察署の両方から許可を取る必要があります。

道路交通整備員を配置して足場をくみ上げ、養生ネットを掛けたのち新築以来一度も触られることが無かった既に壊れている業務用空調の室外機を撤去しました。足場を掛けないとたどり着けない場所に入りされてしまっているものですが、留付けにはステンレス製のアンカーボルトでしっかり固定されていますので、ステンレスをカットできる工具を使いひとつひとつ切り離しました。業務用ですので1台80キロ程度あり人力での上げ下げは難しいため、屋上部分の足場から業務用の耐荷重200キロのウィンチを掛けて、1台ずつ降ろしました。

下地調整と言われる外壁高圧洗浄を終えると、次はALC外壁にとって防水との隣り合わせともいえる、シーリング材を撤去して打設し直しました。この際にALC外壁部分にも亀裂やヒビが入っている部分を深めに切り開き、ウレタンシーリング材を注入しています。この工程が思った以上に時間も費用も掛かるのですが、長きにわたり外壁部分の防水をしてくる大切な工程ですので、入念に施工いたします。これが終わるといよいよ塗装工程へと流れていきます。

最近の塗料は種類によっては薄い塗膜でも固く、高品質に仕上げる事が可能です。今回使用した塗料は水性でありながら2液型の高級シリコン樹脂塗料を使用しましたので、期待耐用年数も15年程度は見込める素晴らしい塗料です。熟練の職人が下地塗装を入念に行い、適正な配分で、適正な価格の塗装および防水を仕上げることができました。

ご発注いただき、誠にありがとうございました。
気持ちのいい仕事をさせていただきました。
費用
2,790,000円(税別)

関連する施工事例