「切妻」「片流れ」「寄棟」「招き屋根」「陸屋根」~屋根の形状のメリットデメリットを考慮する~

こんにちは。平間無料情報館の原田です。

 

唐突ですが。。
「家の絵を描いて」と言われたら、皆さまはどのような絵を描くでしょうか?
 

 
 

単純に四角の上に三角の積み木を乗せたようなイラストを描く方が多いと思いますが、とある友人の娘さんにお家の絵を描いてもらったところ、シンプルな線で「片流れ」の絵を描いたので、意外に感じたことがあります。
 
 

「イラスト」はもちろん、「実際の家」も、「屋根の形状」で雰囲気が全く変わります。
というわけで、今日は少し屋根について触れてみたいと思います。
 
 

 

屋根の形状には、
切妻屋根
片流れ屋根
まねき屋根
寄棟屋根
方形屋根
陸屋根
ドイツ屋根
入母屋屋根
等があります。
 

見た目も大切ですが、屋根の素材が進化している今でも、形状によるメリットデメリットは一番大きいようです。
 
 

特に希望がなければ、そのメンテナンス性や雨漏りなどのリスクを考えて、切妻、寄棟、片流れのような一般的な形状をおすすめされることが多いとのことですが、
 
 


 
 

基本として、
「勾配が緩いと粉塵や落ち葉などが屋根にたまりやすく、雨漏りしやすい」
「谷になる場所を作らない」
「部材と部材のつなぎ目が多いほど雨漏りしやすい」
「軒が長いと雨に強いが下からの突風に弱い」
 

等を押さえてからお話を伺うと、理解が早そうです。
 
 

冒頭に少しお話しした「片流れ」は、片側が高くもう一方が低いデザインで、狭い土地に家を建てる若い方が多い地域の今の住宅事情に合っており、よく採用されているようです。もちろん、土地の面積や屋根の勾配によって異なりますが、初期費用やデザインを重視するあまり、「軒のないデザインにする」など、雨水を受け止めてくれる雨どいも設置しなかったため、壁に水が流れ込み「雨漏り」が多発したという業者さんもあったようです。
 
 


 

 
「陸屋根」のように、平らな形状に憧れて採用した結果、新築当初の喜びが吹き飛ぶほどの補修費用が後々かかり、リフォームで屋根の形状だけ変えれないか等のご相談を受けたという話も聞きます。

 

「かっこいい」だけでなく。。。
 

のちのちのリフォーム、メンテナンスをを考えた選択をおすすめいたします♪
 

 

 

平間無料情報館では、アイジー工業さんの屋根材サンプルなどもございます。屋根のリフォームのこと等、お気軽にご相談くださいませ。